最大筋力について

バーベルを使ってトレーニングを行うときなど、そのひとにとって1度しか持ち上げることができない重さを、最大筋力と呼んでいます。

専門的には最大反復回数1回の重さということで、その重さを1RMと表しています。

例えば、その人にとって1回で持ち上げられる限界が100Kgだったら1RMは100Kgということになります。

最大努力は収縮した時に発揮する最大筋力は、筋の横断面積・筋繊維の動員率・白筋繊維の比率で決定されます。

筋力は、筋肉量ではなく筋の断面積に比例します。

また、この断面積を測定するとき、筋は筋繊維の走行方向に収縮して力を発揮するため、最大筋量力は解剖学的断面積ではなく、生理学的断面積でみる必要があります。

筋繊維には、白筋繊維と赤筋繊維の2つがあり、白筋繊維は赤筋繊維に比べ強い力を発揮できるので筋の中に占める白筋繊維の比率が高い方が発揮できる筋力は大きくなります。

筋は多くの運動単位から構成されていますが、筋力を発揮する時に、全ての運動単位が動員されているわけではなく、通常そのうちの数十%が動員されています。

この運動単位の動員率を高めること、さらには運動単位ごとの収縮のタイミングを合わせることで最大筋力はアップします。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-27

    脂肪酸は脳の栄養である。

    ヒトの必須脂肪酸は、リノール酸に代表されるω-6脂肪酸とα-リノレン酸に代表されるω-3脂肪酸になり…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-4-18

    さまざまな輸送の仕組み

    我々の体にはさまざまな輸送の仕組みが備わっている。消化管での栄養素の輸送、血管壁を通じた栄養…
  4. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  5. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
ページ上部へ戻る