関節角度と可動域について

運動は脳からの指令によっって筋肉が収縮して、骨が動かされ、関節の角度を変えることで、起こるものです。

屈伸運動や身体をひねる動作を行なった時に、この関節が最大限に動く範囲を可動域といいます。

身体の様々な関節は、構造によってそれぞれに標準的な可動域があります。

膝関節や肘関節の様に限られた関節もあれば、肩関節や股関節の様に多方向に動く関節もあり、また自分の力で動かせる範囲と、他から力を加えられて動く範囲もあります。

可動域は関節の構造と筋肉の柔軟性によって影響され、筋肉の柔軟性が低かったり、筋肉の疲労や関節の損傷がある場合は、可動域が制限されます。

可動域に左右差があったり、近い関節と比べてある部分の可動域が小さい場合は、可動域の大きい関節に負担が集中し、障害が発生しやすくなるので注意が必要になってきます。

また関節が動く範囲の中でも、角度によって発揮できる筋力が異なります。

関節をある程度屈曲させた状態から状態が最も筋力を発揮しやすく、そこから離れれば筋力は低下します。

球技・格技など相手と競うスポーツの場面では常に関節がベストの角度を保てるわけではないので、筋力トレーニングを行う時は関節の角度を意識して最大筋力が発揮できる角度だけでなく、他の角度でも行うと有効です。

高齢者には、制限された関節の可動域を回復することが、転倒予防などに重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  2. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  3. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  4. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  5. 2017-4-1

    パートナーの補助を受けつつ通常のセットより数レップス多く筋肉を鍛える

    トレーニングをしていると、これ以上反復することはできないという限界を感じることがあります。例…
ページ上部へ戻る