エネルギーを出し入れするホルモン

ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。
だから、エネルギー源となるぶどう糖は、常に血液中に一定量が存在し全身へと運ばれなくてはなりません。

ぶどう糖が足りなくなったら大問題なので、すぐに必要ではない分はからだに貯蔵しておけますし、急に必要になっても貯蔵していた分を血液中に取り出して使える状態にできます。
このように、エネルギー源であるぶどう糖の「出し入れ」をコントロールし、血液中の糖の濃度、血糖値を上げたり下げたりするのはホルモンです。

エネルギーとしてぶどう糖を使うためのホルモン、つまり血糖値を上げるホルモンには成長ホルモンやアドレナリン、グルカゴンなど複数あり状況に応じて適切なものが分泌されます。

一方、エネルギーとしてぶどう糖をからだに取り込み貯蔵しておくためのホルモン、つまり血糖値を下げるホルモンはインスリンだけです。
インスリンは、唯一無二の血糖値を下げるホルモンと言えます。

その分泌がうまくいかなかったり、効き目が悪くなったりすると、高血糖状態が続く病気、糖尿病になってしまうのです。
血糖値を急上昇させないためには、糖質の摂取量を控えるのはもちろんのこと「何から糖質をとるか」も重要です。
糖質の摂取量は同じでも、「どのような糖質をとるか」によって、からだは違った反応をするわけですから。

そこで大事なのは、食後に血糖値がどのくらい上昇するかを食品ごとに調べて指標化したGI(ジー・アイ)、グリセミック・インデックスです。
基準となる食品の血糖値の上げやすさを100とした相対値で示し、値が高いほど血糖値を急上昇させやすいという目安になります。

何を食べるの指標にすることが重要ですね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  2. 2015-10-10

    筋断裂

    筋断裂は創傷をともわない閉鎖性筋損傷で、肉離れとも呼ばれます。スポーツ外…
  3. 2014-10-21

    体幹におけるローカル筋とグローバル筋

    本日は体幹筋について考えてみましょう!「体幹は大事」当たり前のように使われるかもしれ…
  4. 2016-2-9

    呼吸調整中枢とその機能

    呼吸は日常の活動に常に随伴して行われます。つまり、呼吸は多くの運動活動と調和する必要がありま…
  5. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
ページ上部へ戻る