エネルギーを出し入れするホルモン

ヒトのカラダは寝ても覚めても常にエネルギーを消費し続けています。
だから、エネルギー源となるぶどう糖は、常に血液中に一定量が存在し全身へと運ばれなくてはなりません。

ぶどう糖が足りなくなったら大問題なので、すぐに必要ではない分はからだに貯蔵しておけますし、急に必要になっても貯蔵していた分を血液中に取り出して使える状態にできます。
このように、エネルギー源であるぶどう糖の「出し入れ」をコントロールし、血液中の糖の濃度、血糖値を上げたり下げたりするのはホルモンです。

エネルギーとしてぶどう糖を使うためのホルモン、つまり血糖値を上げるホルモンには成長ホルモンやアドレナリン、グルカゴンなど複数あり状況に応じて適切なものが分泌されます。

一方、エネルギーとしてぶどう糖をからだに取り込み貯蔵しておくためのホルモン、つまり血糖値を下げるホルモンはインスリンだけです。
インスリンは、唯一無二の血糖値を下げるホルモンと言えます。

その分泌がうまくいかなかったり、効き目が悪くなったりすると、高血糖状態が続く病気、糖尿病になってしまうのです。
血糖値を急上昇させないためには、糖質の摂取量を控えるのはもちろんのこと「何から糖質をとるか」も重要です。
糖質の摂取量は同じでも、「どのような糖質をとるか」によって、からだは違った反応をするわけですから。

そこで大事なのは、食後に血糖値がどのくらい上昇するかを食品ごとに調べて指標化したGI(ジー・アイ)、グリセミック・インデックスです。
基準となる食品の血糖値の上げやすさを100とした相対値で示し、値が高いほど血糖値を急上昇させやすいという目安になります。

何を食べるの指標にすることが重要ですね!

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    運動感覚情報と内部モデル

    体性感覚は、内蔵と脳以外の身体組織に存在する受容器の興奮によって生じる感覚のことで…
  2. 2015-1-16

    ブルーベリーは眼に良いか

    PCで作業をしたり、本を読んだりするなどすると、目が疲れてくることがあるかと思います。目…
  3. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  4. 2015-11-29

    アスリートに特有な遺伝子は存在するか

    スポーツの世界では、有名選手とその子どもも活躍していることがたくさんあります。ということは、…
  5. 2015-3-25

    トリグリセリドの分解

    体脂肪、すなわち中性脂肪は英語で「トリグリセリド」と言います。ある一定以上の運動をすると脳か…
ページ上部へ戻る