トレーニングの効率を上げるコアコントロール

「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。

このコアの動きを担っているのが、脊柱とその周辺の筋肉です。

筋トレで充分な筋肥大効果を得るためには、コアを動かないように固めるコア・スタビライゼーションとしっかりと大きく動かすコア・ムーブメントの両方が必要になります。

まずコアを安定させるコア・スタビライゼーションですが、もし安定していないと、ダンベルをもって肘を曲げ伸ばしする動作では、コアが動くとカール動作がぶれたり反動を使うことになり、うまく鍛えることができなくなってしまいます。

ぶれない為には、コアの筋肉をうまく使って固定する感覚を養うことが大切です。

なお、自分の筋力に合わない重い負荷だと固定する感覚があっても筋力不足で固定できないことがあるので注意しましょう。

次に、コア・ムーブメントですが、腹筋を鍛えるクランチではコアを大きく動かす動作になります。

もしこの動きが少ないと筋肉が限界まで収縮されず、効果が低下してしまいます。

そのため、コアを大きく動かす柔軟性が必要になります。

また、可動範囲内を充分に動かすための筋力と、どう動かすかという動作そのものを理解するということも重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-17

    イメージトレーニングによる神経系の適応

    1992年、G. YueとK. J. Coleにより神経系の適応について、非常に興味深い研究結果が報…
  2. 2015-11-11

    股関節にある二関節筋に対するストレッチの有効性

    臨床家は、筋骨格系の治療と予防に筋のストレッチングをよく用います。股関節の二関節筋、とくにハ…
  3. 2015-3-31

    sensori-motor integration

    我々が自由に身体を移動させ、手でものをつかみ、投げ、道具を作り、操ることができるのは、全身に備わって…
  4. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る