ムーブメントディレクション

「ムーブメントディレクション」とは、トレーニング動作の方向を意味します。
トレーニングでは種目によってさまざまな動きをしますが、ただ筋肉を動かしているだけではいけません。
なぜなら、筋線維は縦、横、斜めと複雑に走っているからです。

トレーニング動作は筋肉が走っている方向に合わせて動かす。
そうすることではじめて筋肉がすみずみまで使われ効果的に成長するのです。

そこで、トレーニング種目によってひねったり、スタンスやグリップを変えるなど動作の方向に工夫を加えトレーニングの効果をより上げていきます。

ムーブメントディレクションを工夫することができれば、さまざまな筋肉を鍛え分けることができます。
腹直筋を鍛えるクランチですが、ひねりを加えると脇腹にある腹斜筋群もターゲットになります。

弱い部分を集中的に鍛えることも可能になります。
これにより、筋力のアンバランスを改善することもできるのです。

鍛えるべき筋肉をしっかり意識し、理想の体に近づきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-12

    生活習慣病と運動

    Ⅰ型を除く糖尿病・脂質異常症・高血圧・高尿酸血症・肥満などが生活習慣病として挙げられます。こ…
  2. 2014-11-22

    水分の摂取を考える。

    水は普段の生活においてはほとんど意識することなく摂取しているものであるが身体機能保持・調節においては…
  3. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  4. 2014-10-6

    レジスタンストレーニングと代謝

    代謝は大きく、基礎代謝、安静時代謝、活動時代謝に分けることができます。基礎代謝とは、生命の維持に…
  5. 2015-3-9

    タンパク質のネットバランスとは?

    糖質は運動中の最も重要なエネルギー源になります。たとえばアスリートは試合前の夕食に高糖質…
ページ上部へ戻る