プライオメトリクストレーニングと休息

プライオメトリクストレーニングは、無酸素性パワーの向上をもたらす最大努力の運動を伴うこと多いトレーニングです。

そのため、完全で十分な回復が必要となります。

セット間の休息時間は、適切な運動-休息比(1:5〜1:10)によって決定され、行う種目の量と種類に応じて決まります。

トレーニング強度が高ければ、より多くの休息を必要とします。

例えば、スキップのセット間の休息はデプスジャンプのセット間の休息より短く設定します。

デプスジャンプにおける回復時間は、セット間で2〜3分の範囲が理想的だとされています。

回復時間が短いとセット間で十分な回復がなされないため、トレーニングの効果は薄まります。

プライオメトリクスは神経筋の反応や爆発性、敏捷性、特定の方向への力発揮能力などの向上を目的として無酸素性活動であるため、この効果を向上させるためには質の高い運動である必要があります。

一般に、種目ごとに60〜120秒の休息をとればほぼ完全に回復が可能であるとされています。

またトレーニング間では、48〜72時間の回復時間を設定することが一般的となります。

この回復時間を確保していれば、一週間に1〜3回はプライオメトリクストレーニングを行うことができるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-12

    アディポサイトカイン

    アディポサイトカインとは、脂肪細胞から分泌され、糖代謝や脂質代謝に影響を与える生理活性物質のことをい…
  2. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  3. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  4. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  5. 2014-10-1

    プロバイオティクスによる健康法

    昨晩、ヨーグルトを食べていると、何気なくみた容器に「プロバイオティクス」という言葉をみつけました。…
ページ上部へ戻る