プライオメトリクストレーニングと休息

プライオメトリクストレーニングは、無酸素性パワーの向上をもたらす最大努力の運動を伴うこと多いトレーニングです。

そのため、完全で十分な回復が必要となります。

セット間の休息時間は、適切な運動-休息比(1:5〜1:10)によって決定され、行う種目の量と種類に応じて決まります。

トレーニング強度が高ければ、より多くの休息を必要とします。

例えば、スキップのセット間の休息はデプスジャンプのセット間の休息より短く設定します。

デプスジャンプにおける回復時間は、セット間で2〜3分の範囲が理想的だとされています。

回復時間が短いとセット間で十分な回復がなされないため、トレーニングの効果は薄まります。

プライオメトリクスは神経筋の反応や爆発性、敏捷性、特定の方向への力発揮能力などの向上を目的として無酸素性活動であるため、この効果を向上させるためには質の高い運動である必要があります。

一般に、種目ごとに60〜120秒の休息をとればほぼ完全に回復が可能であるとされています。

またトレーニング間では、48〜72時間の回復時間を設定することが一般的となります。

この回復時間を確保していれば、一週間に1〜3回はプライオメトリクストレーニングを行うことができるでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-3

    投球動作における肘のバイオメカニクス

    投球動作における肘のバイオメカニクスは6段階に分けられます。ワインドアップ期、ストライド期、コッ…
  2. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  3. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  4. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る