筋肉とテコの原理について

人間の身体動作は、筋の収縮によって骨が動かされます。

そして、それらは関節を介して行なっているので、テコの働きで力を伝えています。

人体の筋には、作用点・支点・力点の順に並ぶテコと、支点・力点・作用点の順に並ぶテコがあります。

テコ比は、身体の各部位によって異なっていて、大きな動きを必要とする部位では、支点から作用点までの距離が大きくなっています。

したがって、テコ比によって、実際に筋が発揮する力と動作として伝わる力には、差が生まれます。

また個人間で比較すると、同じ部位でもテコ比に差があり、末端部でスピードを発揮しやすい場合と、スピードよりも力を発揮しやすい場合があります。

筋肉は持久力トレーニングによって赤筋だけを鍛えたり、パワートレーニングによって白筋を重点的に鍛えたりすることができ、その出力特性をパワー型か持久型のどちらにも近づけることができます。

さらにパワー型の中でも、スピード重視型と力重視型に近づけることは可能ですが、そのテコ比を変えることはほぼ不可能に近いです。

テコ比が小さければ最高速は低くなりますが、大きな力の発揮や加速には有利です。

一方、テコ比が大きければ、大きな力や停止からの加速には不利ですが、最高速は高くなります。

そこで、自分の筋の出力特性だけでなく、テコ比も知ることが自分に適した運動の動作・競技種目を考える上で重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-5

    正しい姿勢で動く

    正しい姿勢が良いというのはよく言われます。人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考え…
  2. 2017-2-1

    逆三角形の背中をつくる

    引き締まったウエストと厚い胸板、そしてがっしりとした上背部があれば、きれいな逆三角形の体型になります…
  3. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
  4. 2015-1-22

    女性ホルモン「エストロゲン」

    若さを保つ為に必要なホルモンのひとつに「エストロゲン」といわれるものがある。いわゆる女性ホルモン…
  5. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
ページ上部へ戻る