筋肉とテコの原理について

人間の身体動作は、筋の収縮によって骨が動かされます。

そして、それらは関節を介して行なっているので、テコの働きで力を伝えています。

人体の筋には、作用点・支点・力点の順に並ぶテコと、支点・力点・作用点の順に並ぶテコがあります。

テコ比は、身体の各部位によって異なっていて、大きな動きを必要とする部位では、支点から作用点までの距離が大きくなっています。

したがって、テコ比によって、実際に筋が発揮する力と動作として伝わる力には、差が生まれます。

また個人間で比較すると、同じ部位でもテコ比に差があり、末端部でスピードを発揮しやすい場合と、スピードよりも力を発揮しやすい場合があります。

筋肉は持久力トレーニングによって赤筋だけを鍛えたり、パワートレーニングによって白筋を重点的に鍛えたりすることができ、その出力特性をパワー型か持久型のどちらにも近づけることができます。

さらにパワー型の中でも、スピード重視型と力重視型に近づけることは可能ですが、そのテコ比を変えることはほぼ不可能に近いです。

テコ比が小さければ最高速は低くなりますが、大きな力の発揮や加速には有利です。

一方、テコ比が大きければ、大きな力や停止からの加速には不利ですが、最高速は高くなります。

そこで、自分の筋の出力特性だけでなく、テコ比も知ることが自分に適した運動の動作・競技種目を考える上で重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-1-12

    夜食を食べると太る!?

    食事は三食きっちりと、栄養バランスを考えて、など食事にはたくさんの気をつけるべき項目がありますが、夜…
  4. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  5. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
ページ上部へ戻る