有酸素的運動と筋線維タイプ


脊柱起立筋や中殿筋をはじめとする長時間にわたる持続的な姿勢制御に働く筋の多くは遅筋線維を多く含んでいます。
一方、短時間で大きな力を発揮する大殿筋や腓腹筋などは速筋線維を多く含んでいます。

有酸素運動のように長時間の運動時に動員される筋線維は遅筋線維が動員されやすくなります。

一般人では遅筋線維と速筋線維の割合が約50%であるのに対し、スポーツ別で見ると短距離選手では遅筋は20%くらいと少なく、長距離選手では逆に80%にもなります。
無酸素的運動をしている人に比べて、有酸素的運動をしている人ほど遅筋線維の面積比が高くなります。


有酸素性トレーニングの効果


有酸素性トレーニングの継続によって左室肥大による心容積の増大が起きます。

その為安静時の1回拍出量は増大し、心拍数は減少します。
また、最大運動時の心拍出量は増大します。

血液に対しても、有酸素運動は血管を新生させて筋肉にたいする血液の供給量も増加させます。
また血液のコレステロール、中性脂肪は減少します。
そのため、肥満も起きにくくなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2015-12-23

    筋の時間的加重とは

    筋の活動は収縮と弛緩によって完結されます。それは活動電位による筋細胞の興奮によってもたらされ…
  3. 2015-4-14

    神経系とは

    神経系は、末梢からの刺激を受け取り、これに対して興奮を起こす中枢神経系と、刺激や興奮を伝導する末梢神…
  4. 2017-2-4

    ケトルベルで筋肉のバランスを整える

    ケトルベルはダンベルやバーベルとは違い重量が一方向に偏っています。この特徴により、身体に高負…
  5. 2015-10-7

    グリア細胞について考える

    脳の神経系を組織学的にみると、一定の排列と連結をなすニューロンとその周囲を取り巻くグリア細胞からなり…
ページ上部へ戻る