運動制御と開ループ機構・閉ループ機構

実際の運動の発現には、全身にある骨格筋をすべて制御しなくてはならない。
運動の目的に必要な複数の筋を必要なタイミングで、必要な出力で活動するよう指令されることになるが、この一連の運動指令セットを運動プログラムという。
運動プログラムは、繰り返された運動経験から運動にかかわる中枢神経系において機能的に構成されていく。

運動が発現された結果、その筋出力のタイミングや結果として起こる関節位置などが体性感覚として運動制御の中枢機構にフィードバックされてくる。

これにより、自分が意図した運動が完遂されているかどうかを確認する。

この運動フィードバック機構で重要な機能を担っているとされるのが小脳を経由する回路とされている。

意識された運動と発現された運動の間のズレは、この経路を経由して大脳皮質に到達し、運動が再制御される。

このように中枢神経系による運動発現の結果を体性感覚などからフィードバックを受けることを閉ループ制御という。

一方で、短時間で完遂するような運動においてはこのフィードバック機構が機能しない場合もありこのような調整機構を開ループ制御という。

随意運動は、自分の意識による運動発現とそれに伴う運動制御において運動の調節機構を活用し完遂されていく。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-9

    大脳と随意運動

    連合野には前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野があります。視覚、体性感覚、前庭・迷路感覚からの…
  2. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2015-8-6

    抗原抗体反応と免疫系

    病原菌などの非自己物質を認識し、排除する生体防衛機構のこと。情報伝達を用いて、細胞・組織・器官が複雑…
  5. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
ページ上部へ戻る