筋力トレーニングの負荷設定について

筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが必要になってきます。

その際に考慮すべき点として5つ挙げられます。

1、負荷強度

2、反復回数

3、インターバル時間

4、トレーニング容量(セット数)

5、トレーニングの頻度

実際のトレーニングでは、例えば筋肥大を抑えて筋力のみ高めたいという場合は、高強度・低回数・長インターバルで行い、それに対して筋肥大を主目的にする場合は、中強度・中回数・短インターバルでトレーニングするのが原則になります。

また筋持久力を目的とする場合は、低強度・高回数・短インターバルで行うことが原則です。

このようにトレーニング内容を決定するには、どの程度の重さでトレーニングするか、連続して何回反復するのか、セット間の休息をどのくらいにするか、合計何セット行うのか、1週間に何日トレーニングするのかの5つの要素を、目的に応じて設定することが重要です。

さらに、陸上競技・サッカー・野球・バレーボールなど、様々なスポーツ競技がある中で、その競技において発揮される筋パワーを高めるには、目的とする動作に類似したトレーニング条件を設定することが重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-7

    筋肉トレーニングをスポーツで活かすために

    スポーツのパフォーマンスをアップするためには、スポーツの動きを再現した専門的トレーニングを行っていく…
  2. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  3. 2017-2-15

    最大筋力を高めるために

    パフォーマンスをあげるために大きく影響する最大筋力ですが、この最大筋力は「筋の断面積」「運動単位の動…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
ページ上部へ戻る