筋力トレーニングの負荷設定について

筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが必要になってきます。

その際に考慮すべき点として5つ挙げられます。

1、負荷強度

2、反復回数

3、インターバル時間

4、トレーニング容量(セット数)

5、トレーニングの頻度

実際のトレーニングでは、例えば筋肥大を抑えて筋力のみ高めたいという場合は、高強度・低回数・長インターバルで行い、それに対して筋肥大を主目的にする場合は、中強度・中回数・短インターバルでトレーニングするのが原則になります。

また筋持久力を目的とする場合は、低強度・高回数・短インターバルで行うことが原則です。

このようにトレーニング内容を決定するには、どの程度の重さでトレーニングするか、連続して何回反復するのか、セット間の休息をどのくらいにするか、合計何セット行うのか、1週間に何日トレーニングするのかの5つの要素を、目的に応じて設定することが重要です。

さらに、陸上競技・サッカー・野球・バレーボールなど、様々なスポーツ競技がある中で、その競技において発揮される筋パワーを高めるには、目的とする動作に類似したトレーニング条件を設定することが重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-28

    大脳皮質運動関連領野と歩行

    歩行運動を含めた運動の発現・実行とのかかわりで重要なのは前頭葉です。このことは19世紀後半に…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  4. 2015-1-26

    オレキシンというもの。

    人は生きるために食事を取らなければなりません。もちろん生きるためではありますが、それ以上に食…
  5. 2016-2-25

    土踏まずの役割

    ヒトの足で、他の動物にはみられない最大の特徴が、アーチの形成です。ヒトの足のアートは、踵骨と…
ページ上部へ戻る