筋力トレーニングの負荷設定について

筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが必要になってきます。

その際に考慮すべき点として5つ挙げられます。

1、負荷強度

2、反復回数

3、インターバル時間

4、トレーニング容量(セット数)

5、トレーニングの頻度

実際のトレーニングでは、例えば筋肥大を抑えて筋力のみ高めたいという場合は、高強度・低回数・長インターバルで行い、それに対して筋肥大を主目的にする場合は、中強度・中回数・短インターバルでトレーニングするのが原則になります。

また筋持久力を目的とする場合は、低強度・高回数・短インターバルで行うことが原則です。

このようにトレーニング内容を決定するには、どの程度の重さでトレーニングするか、連続して何回反復するのか、セット間の休息をどのくらいにするか、合計何セット行うのか、1週間に何日トレーニングするのかの5つの要素を、目的に応じて設定することが重要です。

さらに、陸上競技・サッカー・野球・バレーボールなど、様々なスポーツ競技がある中で、その競技において発揮される筋パワーを高めるには、目的とする動作に類似したトレーニング条件を設定することが重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  2. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  5. 2015-11-13

    古来から伝わる鎮痛薬とは

    紀元前400年頃のギリシア人は、痛風の痛みや発熱に苦しむ患者に、ヤナギの皮や葉を…
ページ上部へ戻る