運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。

運動頻度は、運動強度と運動時間に影響されます。
高強度での運動や長時間の運動は十分な休養を必要とするため、頻度は少なくなります。

また、対象者の体力レベルの違いも頻度に影響を及ぼします。

競技選手の場合、各シーズンによっても運動頻度はことなり、オフシーズンには、週5のトレーニングを行いますが、プレシーズンには1日2回のトレーニングが実施されています。

トレーニングによって適応した生理的機能は、可逆性であるため維持する必要があります。
しかしながら、耐えられないような強度や時間でのトレーニングの繰り返しは、障害や病気のリスクを引き起こしてしまいます。

休息も十分なトレーニングであると考え、超回復を生じさせる事が大切です。

十分な休養は体水分量を一定に戻し、エネルギーの貯蔵を回復させます。
特に、運動後の水分摂取と筋肉や肝臓のグリコーゲンを回復させるための糖質の摂取は重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
  2. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  3. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  4. 2015-2-11

    フレイルという概念

    人間は年齢を重ねるにつれて身体機能が落ちてきます。そしてそれをそのままにしておくとQOL、A…
  5. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
ページ上部へ戻る