運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。

運動頻度は、運動強度と運動時間に影響されます。
高強度での運動や長時間の運動は十分な休養を必要とするため、頻度は少なくなります。

また、対象者の体力レベルの違いも頻度に影響を及ぼします。

競技選手の場合、各シーズンによっても運動頻度はことなり、オフシーズンには、週5のトレーニングを行いますが、プレシーズンには1日2回のトレーニングが実施されています。

トレーニングによって適応した生理的機能は、可逆性であるため維持する必要があります。
しかしながら、耐えられないような強度や時間でのトレーニングの繰り返しは、障害や病気のリスクを引き起こしてしまいます。

休息も十分なトレーニングであると考え、超回復を生じさせる事が大切です。

十分な休養は体水分量を一定に戻し、エネルギーの貯蔵を回復させます。
特に、運動後の水分摂取と筋肉や肝臓のグリコーゲンを回復させるための糖質の摂取は重要になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  2. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  3. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
  4. 2017-1-29

    筋線維の損傷と再生

    筋肉は筋トレで一度壊し、回復させると強くなると言われています。ただし、けがや壊れたというより…
  5. 2015-9-4

    作業能率的・美学的視点から考える姿勢

    姿勢の良し悪しは、どのような視点でみるのかによって異なります。作業能率と美学的な視点からもみ…
ページ上部へ戻る