スポーツ種目とスピードトレーニングについて

競技スポーツでは、種目によって要求されるスピードの質が異なります。

したがって、それに応じたトレーニングが必要で、筋力トレーニングもそのスピードとの関連も考えて行った方がいいです。

多くの競技スポーツで素早い移動が要求されますが、野球の走塁・ラグビーのウィングやサッカーのサイドバックの走りなどを除けば、全力で行うのは10m以内が大半です。

また、動作開始・加速・最高速・減速・停止などの要素が考えられますが、競技種目・ポジションによって異なるスピード能力が要求されます。

シーズンオフには、一般的なダッシュやスピードトレーニングを行うのが良いですが、試合期には、動作開始・加速・最高速・原則・停止など、その競技やポジションに要求されるスピード能力のトレーニングを中心にすることが大切になります。

ただし、身体の成長のピークを過ぎていないジュニア期には、基礎的なスピード能力を重視しなければいけません。

一方、陸上競技の走りに停止はなく、減速もほとんどないため、タイムをどれだけ短縮できるかという速さが重要になります。

しかし、陸上競技以外のスポーツでは、プレーにつながる速さが重要になります。

したがって、種目・ポジションなどによって変わるスピードを想定して、日常のトレーニングや筋力トレーニングを行うことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  2. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-9-16

    遺伝子と性格

    心理学領域にクレッチマーの分類というものがあります。これは、性格と体格、そして精神疾患には関…
ページ上部へ戻る