スポーツ種目とスピードトレーニングについて

競技スポーツでは、種目によって要求されるスピードの質が異なります。

したがって、それに応じたトレーニングが必要で、筋力トレーニングもそのスピードとの関連も考えて行った方がいいです。

多くの競技スポーツで素早い移動が要求されますが、野球の走塁・ラグビーのウィングやサッカーのサイドバックの走りなどを除けば、全力で行うのは10m以内が大半です。

また、動作開始・加速・最高速・減速・停止などの要素が考えられますが、競技種目・ポジションによって異なるスピード能力が要求されます。

シーズンオフには、一般的なダッシュやスピードトレーニングを行うのが良いですが、試合期には、動作開始・加速・最高速・原則・停止など、その競技やポジションに要求されるスピード能力のトレーニングを中心にすることが大切になります。

ただし、身体の成長のピークを過ぎていないジュニア期には、基礎的なスピード能力を重視しなければいけません。

一方、陸上競技の走りに停止はなく、減速もほとんどないため、タイムをどれだけ短縮できるかという速さが重要になります。

しかし、陸上競技以外のスポーツでは、プレーにつながる速さが重要になります。

したがって、種目・ポジションなどによって変わるスピードを想定して、日常のトレーニングや筋力トレーニングを行うことが必要です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  2. 2017-3-10

    フィードバックとフィードフォワード

    スポーツにはケガはつきものです。なぜケガをしてしまったのか原因を考え改善していく必要がありま…
  3. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  4. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  5. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
ページ上部へ戻る