骨増強のためのトレーニング

日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこります。
これをリモデリングといいます。
骨量の増減はありません。

破骨細胞が既存の骨基質を破壊、吸収し、これに引き続き骨芽細胞が破骨細胞によって失われた骨と全く同じ量の骨を形成し新鮮化していきます。

日常生活よりも大きな荷重が骨に加わると、リモデリングだけでなく新たに骨が添加されます。
荷重の少ない対側では骨は吸収されますが、全体として骨量は増加します。

荷重のかかる部分に骨が新たに形成され、構造が歪みに適応していきます。
これをモデリングといいます。

歪みの頻度が多くなると骨形成が追いつかなくなり、疲労骨折を起こし、大きな歪みが一度に加わると骨折します。

日常生活よりも少ない歪みでは、破骨細胞により骨は破壊、吸収され、再形成されずに弱化していきます。
特に筋収縮の減少よりも、起立、歩行の欠如などの荷重による圧縮ストレスの減少のほうが影響は大きくなります。


骨増強のためのトレーニング


刺激が加わったほうが骨は強くなります。
下肢への運動刺激では下肢の骨は強くなりますが、上肢の骨への影響は少なくなります。
種目の選び方としては、四肢体幹ともに刺激が加わるように複数のエクササイズの種目を選択しましょう。

適度に過剰な刺激に対して骨は適応し強度を増していきます。
適応を無視したトレーニングは疲労骨折などを引き起こすので注意しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  2. 2015-1-8

    『可動性(MOBILITY)と安定性(STABILITY)』

    身体の効率的な動作には可動性と安定性が必要です。よく聞く柔軟性と可動性は少し異なり、柔軟性は…
  3. 2015-5-20

    紫外線に注意!

    暑さも増し、日焼けをした方もいるかと思います。日焼けは、太陽光のなかで「紫外線によって皮膚が…
  4. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  5. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
ページ上部へ戻る