骨増強のためのトレーニング

日常生活レベルの骨の歪みによって微小骨折が発生し、この損傷治癒機転として損傷部位の吸収、再形成がおこります。
これをリモデリングといいます。
骨量の増減はありません。

破骨細胞が既存の骨基質を破壊、吸収し、これに引き続き骨芽細胞が破骨細胞によって失われた骨と全く同じ量の骨を形成し新鮮化していきます。

日常生活よりも大きな荷重が骨に加わると、リモデリングだけでなく新たに骨が添加されます。
荷重の少ない対側では骨は吸収されますが、全体として骨量は増加します。

荷重のかかる部分に骨が新たに形成され、構造が歪みに適応していきます。
これをモデリングといいます。

歪みの頻度が多くなると骨形成が追いつかなくなり、疲労骨折を起こし、大きな歪みが一度に加わると骨折します。

日常生活よりも少ない歪みでは、破骨細胞により骨は破壊、吸収され、再形成されずに弱化していきます。
特に筋収縮の減少よりも、起立、歩行の欠如などの荷重による圧縮ストレスの減少のほうが影響は大きくなります。


骨増強のためのトレーニング


刺激が加わったほうが骨は強くなります。
下肢への運動刺激では下肢の骨は強くなりますが、上肢の骨への影響は少なくなります。
種目の選び方としては、四肢体幹ともに刺激が加わるように複数のエクササイズの種目を選択しましょう。

適度に過剰な刺激に対して骨は適応し強度を増していきます。
適応を無視したトレーニングは疲労骨折などを引き起こすので注意しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-1

    運動学習における感覚系の役割

    箸を巧みに使うためには、視覚運動協応が重要であり、ピアノ演奏には、聴覚フィードバックが必要になります…
  2. 2015-12-2

    脂質摂取と代謝

    食物として脂質が摂取されると、小腸上皮から吸収されます。食物中の脂質はほとんど中性脂肪ですが、小…
  3. 2017-1-30

    トレーニングプログラム

    理想の身体を作るために様々な方法があると思いますが、トレーニングを行い筋肉をつけてメリハリのある身体…
  4. 2014-10-17

    エネルギー供給機構を考える。

    筋収縮には ATP が必要であるが、筋内のATP の量はわずかであるため、運動を継続す るた…
  5. 2016-1-16

    中枢神経系と内部モデル

    これまでのさまざまな神経活動の研究から、中枢神経系にはさまざまな感覚受容器配列と対応する内的表現、す…
ページ上部へ戻る