体重階級制競技と筋力トレーニングについて

レスリングや柔道・ボクシングなどの体重階級制競技では、強い筋パワーが要求されますが、トレーニングで筋肉量を増やすと体重も増え、階級を上げないといけないのでマイナスとなります。

そこで、筋肉量をできるだけ増やさずに、筋力・パワーをアップさせることが重要になってきます。

例えば、一つの筋には、たくさんの筋繊維からなる運動単位がありますが、収縮時に全ての運動単位が動員されているわけではありません。

一般的に、この動員率は、自分で全力を出している意識しても80%程度とされています。

つまり収縮時の動員率を100%に近づけることは、筋肉量を増やすことなく筋力を高めることになります。

また、強いパワー発揮に優れた白筋繊維を重点的に鍛えることも重要で、このような筋繊維の動員率や、白筋繊維の比率を向上を目指すには、高強度低回数のトレーニングが有効になります。

種目に要求されるパワーに見合う筋肉を作る一方で、体脂肪を減らすことも有効です。

例えば、スプリットルーティーンで筋パワートレーニングを行えば、トレーニングの全体量を増やすことができ、総エネルギー消費が高くなるので、体脂肪を減らしやすいです。

また、有酸素運動は減量には有効ですが、その結果持久力を発揮するのに有利な赤筋繊維が大きくなりやすい為、減量を目的に行う場合は、パワーや瞬発力の発揮に必要な白筋繊維ととの比率バランスに留意する必要があります。

多くのスポーツ競技では、筋パワートレーニングを行なって、筋量の増加に見合うパワーアップがあれば、競技力にプラスに働きますが、体操競技・新体操・フィギアスケートなどは、体重が増えると技の難易度やパフォーマンスにも影響するので、体重階級制競技に似た考えが必要になります。

筋力はアップさせたいところですが、外見上はボリュームアップさせたくない女性も、体重階級制競技の考え方がトレーニングの参考になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-10-17

    食欲を考える!

    最近、肌寒くなってきて「秋」らしくなってきましたね。秋といえば「食欲の秋」ですね!皆さん食べ過ぎ…
  2. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  3. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  4. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  5. 2015-7-8

    ヒトが美味しいものを求めるのはなぜ?

    味覚には、甘い・苦いといった味の質の認知的な分析の側面と、美味しい・不味いといった情動性の側面があり…
ページ上部へ戻る