体重階級制競技と筋力トレーニングについて

レスリングや柔道・ボクシングなどの体重階級制競技では、強い筋パワーが要求されますが、トレーニングで筋肉量を増やすと体重も増え、階級を上げないといけないのでマイナスとなります。

そこで、筋肉量をできるだけ増やさずに、筋力・パワーをアップさせることが重要になってきます。

例えば、一つの筋には、たくさんの筋繊維からなる運動単位がありますが、収縮時に全ての運動単位が動員されているわけではありません。

一般的に、この動員率は、自分で全力を出している意識しても80%程度とされています。

つまり収縮時の動員率を100%に近づけることは、筋肉量を増やすことなく筋力を高めることになります。

また、強いパワー発揮に優れた白筋繊維を重点的に鍛えることも重要で、このような筋繊維の動員率や、白筋繊維の比率を向上を目指すには、高強度低回数のトレーニングが有効になります。

種目に要求されるパワーに見合う筋肉を作る一方で、体脂肪を減らすことも有効です。

例えば、スプリットルーティーンで筋パワートレーニングを行えば、トレーニングの全体量を増やすことができ、総エネルギー消費が高くなるので、体脂肪を減らしやすいです。

また、有酸素運動は減量には有効ですが、その結果持久力を発揮するのに有利な赤筋繊維が大きくなりやすい為、減量を目的に行う場合は、パワーや瞬発力の発揮に必要な白筋繊維ととの比率バランスに留意する必要があります。

多くのスポーツ競技では、筋パワートレーニングを行なって、筋量の増加に見合うパワーアップがあれば、競技力にプラスに働きますが、体操競技・新体操・フィギアスケートなどは、体重が増えると技の難易度やパフォーマンスにも影響するので、体重階級制競技に似た考えが必要になります。

筋力はアップさせたいところですが、外見上はボリュームアップさせたくない女性も、体重階級制競技の考え方がトレーニングの参考になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2016-12-10

    トレーニングを行うときの3つの筋反射

    身体の可動域をあげる為などトレーニングをする時に起こりえる筋反射が3つあります。それは、「伸…
  3. 2015-6-29

    筋タンパクの同化と異化について

    筋タンパクにおけるタンパク質の同化と異化のパランスは、筋力の維持、余剰になったエネルギーの貯蔵・管理…
  4. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る