ウォームアップの必要性

運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。
ではなぜ必要なのでしょうか。


ウォーミングアップの効果


運動による体温の上昇
1、筋活動による酸素の供給が多くなります。
2、生化学反応が促進され、多量のエネルギーを発生させてくれる。
3、筋の粘性が小さくなり、敏捷な動きを行いやすくなったり、外傷の危険性が低下する。

酸素不足の減少
運動をいきなり始めると、酸素の需要に対して供給が間に合わず、運動の初期には酸素不足が生じます。
不足分は無酸素エネルギーによって補われます。

このため乳酸が急激に蓄積し、筋や血液が酸性になるなど運動のレベルダウンやエネルギー産生に支障をきたしてしまいます。
ウォーミングアップを行うと酸素摂取が容易になります。
その結果、酸素不足は少なくなり、運動中に利用できる有酸素エネルギーは増加するので運動の遂行には有利になります。


ウォーミングアップの時間は種目や場所、強度、温度、個々の特性によっても違いがでてきますが、一般に30分前後といわれています。
十分に汗をかき、体温が上がり心拍数が120/分前後になる程度が望ましいです。
パフォーマンスの向上、外傷予防のためにもしっかりウォーミングアップを行いましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
  2. 2015-5-15

    ADLを考える。

    ADLとはActivities of daily livingの略で日常生活動作と訳されます。…
  3. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  4. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  5. 2014-10-31

    便秘と下痢

    食べたものは胃腸で消化・吸収を終えると、24時間から72時間をかけて排便されていきます。この際に…
ページ上部へ戻る