ヒトの生命維持装置とも言えるホメオスタシス

今日は、ホメオスタシスについてお話します。

まずホメオスタシスとは?についてですが、簡単にいえば恒常性というものです。

アメリカの生理学者であるウォルター・キャノンが提唱したこの考えは、「同一の」を意味する「ホメオ」と、「平衡状態」を意味する「スタシス」の造語で、生体の恒常性を示すものです。

生体には自らが定める目標とした値があり、環境の変化を検出して、それを補償しているので、生命が維持されています。
たとえば、多少気温が上がっても下がっても、体温は36℃前後に維持されています。
しかし、体温調節がうまくいかない場合には、熱中症になったり、凍死したりするかもしれません。
皮膚や脳に体温を検地するセンサーがあり、脳が定めた温度から外れている場合には設定温度に戻るように指令が出されます。
体温だけではなく、血圧、体液の浸透圧やpHなどもほぼ一定に維持されています。
ウイルス感染を防いだり、ケガを修復する際にもホメオスタシスが働き、身体を健康な状態に戻そうとしています。

ホメオスタシスが保たれるには、生体の状態を正しく検知して脳に伝える機能が働いていることが前提となります。
生体におけるストレスはホメオスタシスを妨げるひずみになり、ストレスが長く続くと、ホメオスタシスを維持できなくなり、健康を害してしまいます。

ホメオスタシスを保つことは健康を保つことに繋がります。

ただ、ホメオスタシスを保とうと無理をする必要はありません。
生体の恒常性は、その殆どが自律神経や不随意筋に支配されているので、バランスを取ってやろうと意気込まなくても、自然に、無意識にバランスを保てています。
ストレスや生活のバランスの乱れから生じる自律神経失調症なども、ホメオスタシスの機能が意識的な完全主義や過剰な努力で阻害されている場合もあるのです。

頑張り過ぎはよくないということですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  2. 2015-5-24

    栄養や日光と関わる障害「くる病」とは

    栄養と健康は大きく関係し合っています。栄養不足だから体調が悪くなる、といったようなものだけで…
  3. 2015-6-17

    脂肪蓄積と体内時計

    体内時計の中枢である中枢時計は、視床下部視交叉上核にあり、各末梢器にも末梢時計なるものが存在していま…
  4. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  5. 2015-7-3

    細胞内共生説

    化石から推測すると、約35億年前に原始生物が誕生し、真核生物したのは約10億年前になります。…
ページ上部へ戻る