クールダウンの必要性

ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。

全力で400メートル走を行うと、血中乳酸濃度が20ミリモル近くまで上昇します。
そこから安静時の血中乳酸濃度の0.5~2ミリモルまで低下するのに1時間近くかかることもあります。

このような激しい運動をした後は、すぐに座らないで軽い運動をした方が回復が早くなります。

激しい運動を行った後に血中乳酸濃度はじっとした状態では安静レベルに戻るまでは30分から場合によっては1時間かかります。
しかし、ゆっくりでも運動をするとある程度回復が早くなります。

このことを動的回復と呼びます。

この理由としては、止まってしまうことで少なくなっていた血液量が、ゆっくりでも運動することで多くなり多量に作られていた乳酸が筋から出て全身へ乳酸を運びやすくなっていること。

また、運動のエネルギー源として、より多くの乳酸を使うことにより、じっと安静にしているよりも乳酸の除去が促進され、血中乳酸濃度の低下がより早くなるのです。

運動によって、乳酸以外にも二酸化炭素の排出、カリウムの漏出、グリコーゲンの枯渇、筋の微細な損傷などが運動によって起こります。

この状態から早く回復するためにも、血液循環をある程度維持することが運動からの回復に重要な役割を果たしています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  2. 2015-9-21

    身体動揺と防御反応

    人間が立位姿勢を保持している時、突然、床面が水平に移動したり、肩甲帯や骨盤帯を押されると、重心線は安…
  3. 2017-3-12

    発育期における筋力エクササイズ

    近年子ども達の体力や運動能力の低下が指摘されています。筋の発揮する張力は身体活動の基盤であり…
  4. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  5. 2014-10-1

    ラテラリィ『利き○○』の存在

    人には利き手が存在し、上手に扱える手と、扱えない手があります。このような身体上の「利き○○」…
ページ上部へ戻る