クールダウンの必要性

ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。

全力で400メートル走を行うと、血中乳酸濃度が20ミリモル近くまで上昇します。
そこから安静時の血中乳酸濃度の0.5~2ミリモルまで低下するのに1時間近くかかることもあります。

このような激しい運動をした後は、すぐに座らないで軽い運動をした方が回復が早くなります。

激しい運動を行った後に血中乳酸濃度はじっとした状態では安静レベルに戻るまでは30分から場合によっては1時間かかります。
しかし、ゆっくりでも運動をするとある程度回復が早くなります。

このことを動的回復と呼びます。

この理由としては、止まってしまうことで少なくなっていた血液量が、ゆっくりでも運動することで多くなり多量に作られていた乳酸が筋から出て全身へ乳酸を運びやすくなっていること。

また、運動のエネルギー源として、より多くの乳酸を使うことにより、じっと安静にしているよりも乳酸の除去が促進され、血中乳酸濃度の低下がより早くなるのです。

運動によって、乳酸以外にも二酸化炭素の排出、カリウムの漏出、グリコーゲンの枯渇、筋の微細な損傷などが運動によって起こります。

この状態から早く回復するためにも、血液循環をある程度維持することが運動からの回復に重要な役割を果たしています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-5

    温熱刺激による筋肥大亢進と筋萎縮抑制

    筋線維に対して温熱刺激を負荷として与えると、筋肥大が生じます。あらかじめ温熱刺激を与えてから…
  2. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  3. 2014-11-30

    脂肪細胞がエネルギー源になる過程

    脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中…
  4. 2014-12-12

    タバコによるダメージ

    タバコの煙は、粘膜を直接に刺激するだけでなく、唾液に溶けて飲み込まれ、また血液中に吸収されて全身をめ…
  5. 2016-12-1

    スポーツ歯科の重要性

    なぜ、一流のスポーツ選手は歯を大切にするのでしょうか?それは歯と運動能力には密接な関係があるから…
ページ上部へ戻る