クールダウンの必要性

ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。

全力で400メートル走を行うと、血中乳酸濃度が20ミリモル近くまで上昇します。
そこから安静時の血中乳酸濃度の0.5~2ミリモルまで低下するのに1時間近くかかることもあります。

このような激しい運動をした後は、すぐに座らないで軽い運動をした方が回復が早くなります。

激しい運動を行った後に血中乳酸濃度はじっとした状態では安静レベルに戻るまでは30分から場合によっては1時間かかります。
しかし、ゆっくりでも運動をするとある程度回復が早くなります。

このことを動的回復と呼びます。

この理由としては、止まってしまうことで少なくなっていた血液量が、ゆっくりでも運動することで多くなり多量に作られていた乳酸が筋から出て全身へ乳酸を運びやすくなっていること。

また、運動のエネルギー源として、より多くの乳酸を使うことにより、じっと安静にしているよりも乳酸の除去が促進され、血中乳酸濃度の低下がより早くなるのです。

運動によって、乳酸以外にも二酸化炭素の排出、カリウムの漏出、グリコーゲンの枯渇、筋の微細な損傷などが運動によって起こります。

この状態から早く回復するためにも、血液循環をある程度維持することが運動からの回復に重要な役割を果たしています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  2. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  3. 2015-9-23

    呼吸と呼吸中枢と反射

    ヒトは、空気を肺に吸い込んで、その中に約20%含まれている酸素を血液中に取り込み、体内でのATP産生…
  4. 2015-4-25

    食事と咀嚼

    食べるということは、生きるため健康のためにはとても重要な事になります。食べるときは、歯だけで…
  5. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
ページ上部へ戻る