サッカー選手に多い鼠径部周辺痛

鼠径部周辺に痛みが生じた場合、症状の程度が軽くプレーに支障がないレベルであれば、練習前のウォームアップ時に股関節周囲のリハビリを取り入れて症状の悪化を防ぎながらそのまま経過を観察します。

股関節の開排制限がなく、内転筋、ハムストリングスの拘縮が少なく、徒手抵抗下の上体起こし、股関節内転、SLRの力が十分にあれば多少の痛みがあってもリハビリをしながらプレーは可能なはずです。

また、痛みが発生した症状の悪化を避けるために、置いたボールを強く蹴るといった股関節の屈曲、内転、捻りに大きな力が加わる動作を必要以上に行うことは避け、足腰に負担の大きい条件の悪いグラウンドでのプレーを避けるようにしなければなりません。

足関節の捻挫や大腿の打撲などでバランスを崩したまま無理にプレーしたことが誘因となり発症した例もあるため、何らかの障害でバランスが崩れた場合、トレーニングには十分注意が必要です。

特に内転筋の拘縮が出現してきたら要注意です。

症状が重い例では、通常の練習、試合が困難な場合は股関節周囲のトレーニングを中心としたリハビリを行います。

急性期であれば安静によって痛みや拘縮を改善させてから開始してもいいですが、長期間トレーニングを中止することは得策ではありません。

長期の安静によって股関節の外転筋や外旋筋、伸展筋など訓練可能な部分の筋力も低下するためにかえって悪循環となり、回復に時間がかかってしまいます。

シーズンオフなどで筋力が低下した状態で休み明けに急に運動を再開して発症する例も少なくないため、休み明けには意識して股関節周囲のトレーニングを行いあらかじめ適切な負荷をかけたうえで練習に望んだほうがいいでしょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
  2. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
  3. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  4. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  5. 2014-10-29

    進化から考える股関節伸展機構

    脊椎動物のなかで初めて地上に進出したのは爬虫類です。その中でも恐竜(大爬虫類)は絶滅していき…
ページ上部へ戻る