運動単位について

身体は脳からの指令によって、筋肉が収縮し、骨と骨をつなぐ関節を動かすことで、運動が行われる仕組みになっています。

脳からの指令は、脊髄を通り運動ニューロンと呼ばれる神経を経て筋肉に届くと筋肉の収縮します。

筋肉の構造は、糸のような筋繊維が束になったものですが、枝分かれした運動ニューロンからの刺激は数十から数百以上の筋繊維を同時に収縮させます。

この同時に収縮する筋繊維のまとまりを運動単位といいます。

この多数の筋繊維があつまった運動単位が、さらに多数集まって、筋肉を構成しているということになっています。

運動単位は、それを構成する運動ニューロンのタイプによってFFタイプ・Sタイプ・FRタイプの3つに分類されます。

FFタイプは、サイズが大きく早く収縮しますが、疲労しやすいです。

それに対して、Sタイプはサイズが小さく収縮が遅いですが、疲労しにくいです。

FRタイプは2つの中間にあたります。

これらの運動単位は、筋力を発揮するレベルによって動員されるタイプが決まり、筋力の発揮水準が低い時はSタイプが使われ、筋力の発揮水準が高い時はFFタイプも同時に動員されます。

また、瞬発力が求められるプライオメトリックな収縮では、FFタイプが優先的に使われます。

そのため、トレーニングを行う時は、どのタイプの運動単位を使うトレーニングを行うかが重要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-28

    運動実施時間によるパフォーマンスの違いについての考察

    被験者に1時間ごとにエアロバイクの全力疾走させ、時間帯によるパフォーマンスの違いをテストしたところ、…
  2. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
  3. 2015-2-27

    アクションポテンシャル

    ニューロンを含むすべての細胞は細胞膜で囲まれている。細胞膜には様々なイオンを選択的に通すイオンチ…
  4. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る