筋肉の伸張と短縮

筋が張力を発揮しながら短縮する場合を短縮性筋活動、逆に張力を発揮しながら強制的に伸張される場合を伸張性筋活動といいます。

トレーニング動作では、短縮性筋収縮は負荷を挙上する動作です。
伸張性筋活動ではブレーキをかけながら負荷を下ろす動作になります。

一般的に、伸張性筋活動は短縮性筋活動に比べ、より大きな筋力発揮が可能になります。

伸張性筋活動ではまた、サイズの原理に反してFT線維から優先的に動員されると考えられています。
そのため、トレーニング全般においては、伸張性筋活動を十分に利用すること、すなわち負荷を下ろすとき時にも十分に筋力を発揮することが重要になります。

やや特殊なトレーニングで伸張性筋活動に重点をおいた方法があり、エキセントニックトレーニングと呼ぶものがあります。
伸張性筋活動は、筋線維の微小な損傷を引き起こし、遅発性筋痛を誘発する原因となります。

このため、オーバートレーニングには十分に注意する必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-3-18

    バランスエクササイズの効果

    バランス能力に影響を及ぼす因子として、下肢筋力、年齢、足関節や股関節の柔軟性などがあげられ、特に60…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2015-6-5

    筋小胞体の機能低下による筋疲労とは

    筋が発揮する張力は筋形質内の遊離Ca2+濃度により制御されています。骨格筋では、筋小胞体がこ…
  4. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
  5. 2017-4-3

    プロテイン効果のあるトレーニング後と睡眠中

    プロテインは、日常の食事では摂りづらいタンパク質の補給に加え、摂るタイミングで威力を発揮してくれるあ…
ページ上部へ戻る