関節運動とスポーツ動作

スポーツ運動のほとんどは、いくつかの関節運動が組み合わさったものです。

投球動作における腕の動きをひとつをとっても、それは非常に複雑です。

例えば、肩と肘に限定しても、肘を高く上げる時は肩が外転および外旋し、肘は屈曲する動きになります。

けれども、スポーツでは複雑な動作の組み合わせを、短時間のうちに、滑らかに、かつ力強く行わなくてはなりません。

そこで、そのような複雑な動作をまとめるために、スポーツの現場では軸などの用語が用いられています。

例えば、野球のバットスウィングにおける中心軸やランニングにおける二軸走法、またゴルフスウィングにおける回転運動などは、いずれも複雑な動作の組み合わせをまとめるための感覚的な表現と考えられます。

ただし外見上、同じ動作を行う場合でも、それぞれの関節運動には、様々な組み合わせ方が可能になります。

ひとつの関節運動が不十分でも他の動きで代償できることもあり、それがいわゆる選手の個性となっていることも多いです。

特定の関節運動に過度な負担がかかると、スポーツ障害を引き起こしやすくなります。

障害を起こした場合は、関節運動に分解して考える必要性があります。

中心軸・二軸・回転などをイメージすること自体は有効です。

ただしこれらは、あくまでも感覚的な表現であることを理解しなければいけません。

スポーツ外傷を起こすことが十分予想される場合以外は、他者が選手のフォームに、安易に修正を加えたり、自分のイメージを押し付けたりすることは注意しなければいけません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
  2. 2017-1-16

    ウォームアップの必要性

    運動前にウォーミングアップを行うことは大切です。ではなぜ必要なのでしょうか。ウォ…
  3. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
  4. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  5. 2015-5-20

    難消化性デンプンとは

    難消化性デンプンとは、レジスタントスターチといい、ヒトの小腸まででは消化されず、大腸に届くでんぷん、…
ページ上部へ戻る