初動負荷理論とは

初動負荷理論は、トレーニング理論、動作理論の2つから形成されます。

初動負荷法とは、反射の起こるポジションへの身体変化およびそれに伴う重心位置変化などを利用し、主働筋の弛緩-伸張-短縮の一連動作過程を促進させるとともに、その拮抗筋ならびに拮抗的に作用する筋の共縮を防ぎながら行う運動と定義され、動作初期のリラックスした筋に負荷を与えること、およびポジショニングによる筋の自然な反射と加速を誘導します。

すべての関節運動は主働筋と拮抗筋との交互の活動によってもたらされ、円滑かつストレスのない関節運動は、主働筋活動時に拮抗的に作用する筋群の収縮、つまり共縮および共縮状態の少ない動作であることから、共縮を防ぎながらという定義が重視されます。

自然な予備緊張もこのメカニズムの中で引き起こされます。

初動負荷理論および初動負荷法は、SSCの概念あるいはSSCを実現させるためのトレーニング法として知られるプライオメトリクスとは異なります。

スポーツ局面のみならず、日常生活においてもSSCは自然な筋機能といえますが、トレーニング形態、またスポーツ局面での動作形態、出力および反作用の力を受けるポジション、あるいは疲労などによって容易に共縮が起こり、パフォーマンスを阻害し、障害誘発の原因となりえます。

筋の素早い動的な加重、あるいは伸張に伴う強い収縮によって特徴づけられるプライオメトリクスは、ポジショニングによって共縮状態に陥りやすいとされます。

よってポジショニングが重視されることが大切であり、ポジショニングを形成するフォームや姿勢の設定が重要です。

これらをクリアーした手法が初動負荷法であると言われており、特に故障改善を目的とした場合に重視されれば優れた効果が期待できると言われています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-4-10

    筋肥大を促すオールアウト

    筋肉肥大のためには、筋肉運動を限界と思われるまで繰り返すのが基本です。最終的にこれ以上動かす…
  2. 2015-10-10

    相反性抑制と反回抑制

    関節には、反対方向へ引き合う複数の筋群が対となって付着します。例えば、肘関節を伸ばす上腕三頭…
  3. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
  4. 2015-7-7

    神経新生と二つの因子

    神経新生とは新しく神経細胞が生まれる現象です。20世紀にラモニ・カハールによりニューロン説が…
  5. 2015-12-19

    視交叉上核と時差ボケの発生機序

    時差症候群あるいは時差ボケは、時差のある地域をジェット機で移動した際に生じる環境のリズムと体内のリズ…
ページ上部へ戻る