多くの競技スポーツにおいて、局面の運動では、短時間で多くのエネルギーが使われる無酸素的な運動の場面が多いです。

サッカーやバスケットなどで見られるダッシュやジャンプ、ボールを投げたり蹴ったりする際に無酸素的な運動にあたります。

つまり、様々な競技スポーツで無酸素系の能力が高いことが要求されます。

その人の種目にとって最大酸素摂取量より低い強度で運動を行なっている間は、有酸素系の能力が強く関与していますが、無酸素系エネルギーの供給を測定するには、単位時間当たりのエネルギー需要量が極めて高い運動、最大酸素摂取量の運動よりも強度が必要になってきます。

この最大酸素摂取量より強度の高い運動を超最大運動と呼んでいます。

超最大運動を行なったその時の酸素需要量、酸素摂取量などから、酸素借を算出して無酸素的能力の指標となります。

測定は、超最大運動を1〜3分程度行い、運動中の酸素摂取量を測り、エネルギー需要量と酸素摂取量との差を無酸素的エネルギーとします。

また20秒間の超最大運動を多段階実施し、達成できた最高強度でのエネルギー需要度と、実測した酸素摂取量の差を無酸素的能力の指標とすることもあります。

超最大運動を行なって無酸素的な能力を測定すると、競技種目適正やその人のトレーニングの課題が明確になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-10-11

    腱断裂

    腱は骨格筋と骨を結び付けている強靭な結合組織で、筋収縮によって得られたエネルギーは腱によって骨に伝え…
  2. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  3. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  4. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
  5. 2017-3-6

    運動連鎖を引き出すために

    運動連鎖をうまくつかって最終的に大きなスピードを得るためには、まず中心部をしっかりとさせて大きな力を…
ページ上部へ戻る