脂肪細胞がエネルギー源になる過程

脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中をアルブミンと結合した遊離脂肪酸として運ばれます。

脂肪酸は、心筋、骨格筋に於いてカルニチンと結合してミトコンドリア内に輸送されβ-酸化により分解されてアセチル-CoAとなります。

アセチル-CoAは、TCA回路(クエン酸回路)に導入され、NADH2+などが生成されます。

脂肪酸分解(β-酸化)や、アセチル-CoAのTCA回路での代謝により生成されるNADH2+などは、呼吸鎖で酸化され、ATPが生成されます(エネルギー源になります)。

 

なお脂肪酸は、心筋や骨格筋ではβ-酸化によりアセチル-CoAに分解された後、さらにTCA回路で代謝され、二酸化炭素と水にまで分解されますが、肝臓ではβ-酸化によりアセチル-CoAに分解された後、ケトン体に生成されます。

それから、脂肪酸からはグルコースは合成できません。

エネルギー不足時に糖新生が行われる際には、肝臓のミトコンドリア内では脂肪酸分解(β-酸化)によって生成されるNADH2+濃度が上昇するので、脂肪酸分解によって生成されるアセチル-CoAはTCA回路で酸化分解されず、ケトン体生成が盛んに行われます。

脂肪酸分解によりミトコンドリア内のアセチル-CoA濃度が上昇し、糖新生が行われるとオキサロ酢酸はホスホエノールピルビン酸(PEP)に変換されるので、肝臓ではアセチル-CoAがクエン酸となってTCA回路で酸化分解される方向には代謝は進まなくなります。

ただし、中性脂肪の分解に伴い生成されるグリセロール(グリセリン)は、肝臓でグルコースに糖新生されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  2. 2017-3-1

    大きな力を発揮するために

    筋肉が力を発揮する源は、筋原線維にあるミオシンのクロスブリッジがアクチンを引き込むことです。…
  3. 2015-7-20

    滑液の特性

    滑液は滑膜関節のほか、滑液包や腱鞘に存在します。滑膜関節における滑液は透明、もしくは淡い黄色で粘…
  4. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  5. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
ページ上部へ戻る