脂肪細胞がエネルギー源になる過程

脂肪組織のホルモン感受性リパーゼが活性化されて、中性脂肪(トリグリセリド)が分解され、脂肪酸が血液中をアルブミンと結合した遊離脂肪酸として運ばれます。

脂肪酸は、心筋、骨格筋に於いてカルニチンと結合してミトコンドリア内に輸送されβ-酸化により分解されてアセチル-CoAとなります。

アセチル-CoAは、TCA回路(クエン酸回路)に導入され、NADH2+などが生成されます。

脂肪酸分解(β-酸化)や、アセチル-CoAのTCA回路での代謝により生成されるNADH2+などは、呼吸鎖で酸化され、ATPが生成されます(エネルギー源になります)。

 

なお脂肪酸は、心筋や骨格筋ではβ-酸化によりアセチル-CoAに分解された後、さらにTCA回路で代謝され、二酸化炭素と水にまで分解されますが、肝臓ではβ-酸化によりアセチル-CoAに分解された後、ケトン体に生成されます。

それから、脂肪酸からはグルコースは合成できません。

エネルギー不足時に糖新生が行われる際には、肝臓のミトコンドリア内では脂肪酸分解(β-酸化)によって生成されるNADH2+濃度が上昇するので、脂肪酸分解によって生成されるアセチル-CoAはTCA回路で酸化分解されず、ケトン体生成が盛んに行われます。

脂肪酸分解によりミトコンドリア内のアセチル-CoA濃度が上昇し、糖新生が行われるとオキサロ酢酸はホスホエノールピルビン酸(PEP)に変換されるので、肝臓ではアセチル-CoAがクエン酸となってTCA回路で酸化分解される方向には代謝は進まなくなります。

ただし、中性脂肪の分解に伴い生成されるグリセロール(グリセリン)は、肝臓でグルコースに糖新生されます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  3. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  4. 2015-7-23

    プライオメトリクスエクササイズでみられる筋肉の力生産

    プライオメトリクスエクササイズにおいて力の増加の理論は大きく分けて3つある。第1の理論として…
  5. 2017-2-21

    動きの大きさと発揮する力を左右する関節角度と可動域

    運動は、脳からの指令によって筋肉が収縮することによって骨が動かされ、関節の角度を変え起こるものです。…
ページ上部へ戻る