筋肥大におけるホルモンの役割

成長因子の働き


成長因子は、器官内の細胞から分泌され主に局所的に働いて細胞の成長を調節するペプチドのことです。

多数の因子があるのですが、筋の肥大や適応に関係の深いものに、インスリン様成長因子-Ⅰ(IGF-Ⅰ)があります。
IGF-Ⅰはインスリンに類似した構造をもち肝臓及び筋繊維自身から分泌されます。

肝臓は、下垂体で分泌された成長ホルモンの刺激を受けるとIGF-Ⅰを血中に分泌します。

このIGF-Ⅰは体内を循環し、ホルモンとして筋をはじめとするさまざまな器官に作用します。
一方、トレーニング中に強く活動した筋線維もIGF-Ⅰを分泌し、自身や周囲の筋サテライト細胞に作用してタンパク質の合成を促してくれます。


ホルモンと筋肥大


細胞内のタンパク合成はまず、核内の遺伝子DNA上にある暗号が、RNAに写し取られることから始まります。

1つの核がこうしてタンパク質を供給できる範囲には限界があり、その範囲を各領域とよびます。

筋線維が個々の核領域の限界を超えて肥大するためには、核の数を増やす必要があります。

このような場合には、筋線維の周囲にある筋サテライト細胞が増殖し、筋線維に融合することによって筋線維核数が増えると考えられています。

成長ホルモン、IGF-Ⅰ、テストステロンなどのアナボリック・ホルモンは、筋線維に働いて核での遺伝子の転写を活性化するとともに、筋サテライト細胞を刺激してその増殖を促し、筋の肥大を引き起こすと考えられています。

筋線維自身も、トレーニングによってIGF-Ⅰを分泌します。

同時に、テストステロンや成長ホルモンの受容体の合成が活性化され、それらの数がふえることにより、筋線維や筋サテライト細胞のホルモンに対する感受性が増大します。

したがって、筋線維の肥大を効果的に引き起こすためには、筋線維そのものが強く活動することと、ホルモンが筋線維に働くことの2つが必要になるのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  2. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  3. 2016-5-17

    呼吸の機能と呼吸機能不全

    呼吸は生きるために一定のリズムを繰り返して行われるもので、その機能は脳幹の延髄で制御されています。…
  4. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  5. 2015-10-22

    原始反射という運動構築の資材

    膝蓋腱を叩くと、反射的な膝関節の動きが見られます。他にも、熱いストーブに触れると敏速な反射的な四…
ページ上部へ戻る