スポーツ障害について

競技やトレーニングなどの運動を行うことによって起こるケガなどのことをスポーツ障害といいます。

スポーツ障害は、主に競技やトレーニング中に大きな外力が加わることで、突発的に発生する急性のスポーツ外傷と、スポーツ動作の反復により身体の一部が酷使されたり疲労が蓄積されて生じる慢性のスポーツ障害に分けられます。

スポーツ外傷として、捻挫・脱臼・骨折・肉離れ・靭帯損傷などが挙げられます。

これらの外傷は突発的に生じるため、偶発的に生じやすいと思われていますが、特定の動作や疲労などが原因となる事もあります。

例えば、足関節捻挫はジャンプの着地や切り返し動作時に、大腿四頭筋の肉離れは全力で走った時に、骨折や脱臼は相手との衝突や転倒時に手をついた際に大きな外力が加わったことによって起こりやすいです。

また、疲労の蓄積などによる、判断力・反応・筋肉の耐久力の低下や他のスポーツ障害を抱えていたりすることも外傷の要因となります。

一方、スポーツ障害の代表的なものとして、疲労骨折・シンスプリント・テニス肘・野球肘などが挙げられます。

この障害は主に動作フォームに問題があったり、筋力が十分でない・練習後のケアが十分でないなどが要因となって発症する確率が高くなります。

身体の構造と筋力・柔軟性のバランスが悪いと、身体の各部に不均衡な負荷・外力がかかるため、骨・関節・筋肉・靭帯などへの負担も偏って生じることで、慢性的スポーツ障害を起こしやすくなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
  2. 2015-8-24

    記憶とシナプス可塑性

    ヒトの脳のニューロンは1000億以上あるとされています。そのそれぞれが数千から数万のシナプス…
  3. 2015-4-30

    呼吸時における肋骨の動き

    肋骨は12対の弓形を呈する平たい骨で構成され、後方は胸椎につながり、前方は浮遊肋を除き、胸骨に直接又…
  4. 2017-3-24

    健康を支える大腿筋

    大腿筋とは太ももまわりの筋肉で、体の中でも一番大きな筋肉です。立つ、歩く、走る、など人間のあ…
  5. 2015-1-9

    PRI(Postural Restoration Institute)を考える

    全身のバランスを考えるときに体は左右対称にすべきなのか。それとも、もともとが左右対称でないので、…
ページ上部へ戻る