スポーツ障害について

競技やトレーニングなどの運動を行うことによって起こるケガなどのことをスポーツ障害といいます。

スポーツ障害は、主に競技やトレーニング中に大きな外力が加わることで、突発的に発生する急性のスポーツ外傷と、スポーツ動作の反復により身体の一部が酷使されたり疲労が蓄積されて生じる慢性のスポーツ障害に分けられます。

スポーツ外傷として、捻挫・脱臼・骨折・肉離れ・靭帯損傷などが挙げられます。

これらの外傷は突発的に生じるため、偶発的に生じやすいと思われていますが、特定の動作や疲労などが原因となる事もあります。

例えば、足関節捻挫はジャンプの着地や切り返し動作時に、大腿四頭筋の肉離れは全力で走った時に、骨折や脱臼は相手との衝突や転倒時に手をついた際に大きな外力が加わったことによって起こりやすいです。

また、疲労の蓄積などによる、判断力・反応・筋肉の耐久力の低下や他のスポーツ障害を抱えていたりすることも外傷の要因となります。

一方、スポーツ障害の代表的なものとして、疲労骨折・シンスプリント・テニス肘・野球肘などが挙げられます。

この障害は主に動作フォームに問題があったり、筋力が十分でない・練習後のケアが十分でないなどが要因となって発症する確率が高くなります。

身体の構造と筋力・柔軟性のバランスが悪いと、身体の各部に不均衡な負荷・外力がかかるため、骨・関節・筋肉・靭帯などへの負担も偏って生じることで、慢性的スポーツ障害を起こしやすくなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  2. 2016-3-26

    脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンの違い

    ビタミンはこれまでに13種類見つかっています。それらは油に溶けやすい脂溶性ビタミンと水に溶け…
  3. 2015-5-3

    呼吸運動の観察と触察

    近年、呼吸運動の機能評価が、スポーツパフォーマンスにおいても非常に重要視される傾向にあります。そ…
  4. 2016-12-18

    横隔膜の機能が低下する理由

    普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。肺は自分で収縮…
  5. 2017-5-20

    スポーツとパワー

    迫力のあるぶつかり合い、瞬間の素早い動き、力強い動作などをスポーツ場面で目の当たりにすると、パワー溢…
ページ上部へ戻る