スポーツ障害について

競技やトレーニングなどの運動を行うことによって起こるケガなどのことをスポーツ障害といいます。

スポーツ障害は、主に競技やトレーニング中に大きな外力が加わることで、突発的に発生する急性のスポーツ外傷と、スポーツ動作の反復により身体の一部が酷使されたり疲労が蓄積されて生じる慢性のスポーツ障害に分けられます。

スポーツ外傷として、捻挫・脱臼・骨折・肉離れ・靭帯損傷などが挙げられます。

これらの外傷は突発的に生じるため、偶発的に生じやすいと思われていますが、特定の動作や疲労などが原因となる事もあります。

例えば、足関節捻挫はジャンプの着地や切り返し動作時に、大腿四頭筋の肉離れは全力で走った時に、骨折や脱臼は相手との衝突や転倒時に手をついた際に大きな外力が加わったことによって起こりやすいです。

また、疲労の蓄積などによる、判断力・反応・筋肉の耐久力の低下や他のスポーツ障害を抱えていたりすることも外傷の要因となります。

一方、スポーツ障害の代表的なものとして、疲労骨折・シンスプリント・テニス肘・野球肘などが挙げられます。

この障害は主に動作フォームに問題があったり、筋力が十分でない・練習後のケアが十分でないなどが要因となって発症する確率が高くなります。

身体の構造と筋力・柔軟性のバランスが悪いと、身体の各部に不均衡な負荷・外力がかかるため、骨・関節・筋肉・靭帯などへの負担も偏って生じることで、慢性的スポーツ障害を起こしやすくなります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-20

    下行性疼痛抑制系とは

    アメリカの神経解剖学者のAllan Basbaumと、神経生理学者のHoward Fieldsは19…
  2. 2017-2-12

    トレーニングは大筋群などから先に行う

    トレーニング種目を選択したら、種目の順番を考えます。行う順序にはいくつかのポイントがあります…
  3. 2016-1-23

    アクティブタッチとは

    私たちは、そこにあるモノが何かを知ろうとするときには、手や指を自由に動かし、それに触ることで判断して…
  4. 2015-9-24

    呼吸筋のコンディショニング

    最近の研究で、横隔膜や腹横筋は体幹の安定性と呼吸の維持を図る二重作用を持つことが明らかにされていて、…
  5. 2015-5-29

    インスリン分泌促進因子インクレチンと肥満の関係

    インクレチンとは消化管ホルモンであるGIPとGLP-1の総称です。これらは食事摂取に伴い効率…
ページ上部へ戻る