舌骨の機能的考察

ヒトの頸部は、主要な血管、神経をはじめ、気道・食道、甲状腺やリンパ腺などの臓器を内蔵しているにも関わらず、魚類や両生類に比べ、視野や運動自由度の拡大のために細く進化してきました。

人体の各部位の臓器を取り巻く構造を考えると、頭部は頭蓋によって、胸郭は胸骨・胸椎・肋骨・鎖骨によって、腹部は腰椎・仙骨・寛骨が筋の付着部位を提供して、内臓保護に役割を担っていますが、頸部は、横突起の短い頸椎にその役割が委ねられています。

頸部の筋の付着が頸椎以外に舌骨にも集束していることを考えると、頸部内臓を保護する役割の一端を舌骨が担っているのではないかと考えられます。

また、気道と食道の分岐が頸部にあるため、頸部の状態は呼吸・嚥下に関係があることが示唆されます。

呼吸時の空気は、鼻腔または口腔から咽頭、喉頭、気道、気管支、肺胞へと続きます。

咽頭以降のこの経路は頭蓋底と下顎骨、舌骨、甲状軟骨から始まり、胸骨、胸腔内の臓器、線維性心膜に付着する頸筋膜に覆われた構造をなしています。

また、呼吸時の圧力変化が横隔膜の位置に相関しているのであれば、胸腔内は頸筋膜に仕切られた間隙であるため、横隔膜に連動した頸筋膜の弾性が、胸腔内の圧力変化を反映していると考えられます。

つまり、呼吸時に頸筋膜が付着する各組織は横隔膜と連動し、浮遊骨格である舌骨は吸気で下制、呼気が挙上します。

さらに舌骨の変位や可動性の欠如は、空気の流入経路に制限や圧力変化の障害をもたらすと考えられ、舌骨が呼吸状態の指標となるかもしれません。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-23

    感覚としてのカラダ

    感覚器官は外界の情報をキャッチし、逃げる、捕まえるといった生存に必要な動きを能率よく実行するのに役立…
  2. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  3. 2015-2-17

    スポーツ医学のルーツを知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
  4. 2015-3-16

    遅発性筋肉痛は未だ謎だらけ

    不慣れな運動や激しい運動をすると筋肉痛が起きてしまいますが、これには急性のものと遅発性のものの二種類…
  5. 2015-9-18

    無酸素性エネルギー

    身体運動は、筋収縮によって行われます。筋の収縮と弛緩にかかわる直接的なエネルギーはATPです…
ページ上部へ戻る