映像を撮って自分の動きを知る

スポーツにおいてもトレーニングにおいても正しい動きがとれているかが大切になります。

部活動などにおいて、投球動作で監督から「肘が下がってるぞ。」と言われても本人は言われるまで分からないということがよくあります。

本人はきちんとやっているつもりでも実際の動きではできていない事が多く、そのままトレーニングを続けてケガをするということが実際の現場でよく起きていることなのです。


動きを察知する身体のセンサー


身体にはセンサーの役割をする感覚受容器があります。
例えば、手足の指を目視せずに動かす事ができるのはこの感覚受容器が機能してくれているからです。

自分のイメージする動きと異なった場合、その違いを察知するセンサー、感覚受容器が弱い部位に過度な負担がかかります。

肩甲骨はこのセンサーが弱く動きの変化を察知しにくくなっています。

肩甲骨の動きは「投げること」「打つこと」など腕を動かすプレーにおいて大きく作用します。
その為、正しい動きが出来ていないとケガに直結してしまいます。

だからこそビデオや鏡でフォームを確認して誤った身体の動きを自覚する事が必要になってきます。

スポーツでの動きもそうですが、まずは正しく身体を動かすために正しい姿勢がとれているのかが大切になります。
鏡の前で自分の姿勢を確認してみましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  2. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  3. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  4. 2015-4-15

    間脳の解剖 前編

    間脳は大脳半球と中脳との間にある脳部です。背面は大脳半球に覆われているので、外からは見えませ…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る