映像を撮って自分の動きを知る

スポーツにおいてもトレーニングにおいても正しい動きがとれているかが大切になります。

部活動などにおいて、投球動作で監督から「肘が下がってるぞ。」と言われても本人は言われるまで分からないということがよくあります。

本人はきちんとやっているつもりでも実際の動きではできていない事が多く、そのままトレーニングを続けてケガをするということが実際の現場でよく起きていることなのです。


動きを察知する身体のセンサー


身体にはセンサーの役割をする感覚受容器があります。
例えば、手足の指を目視せずに動かす事ができるのはこの感覚受容器が機能してくれているからです。

自分のイメージする動きと異なった場合、その違いを察知するセンサー、感覚受容器が弱い部位に過度な負担がかかります。

肩甲骨はこのセンサーが弱く動きの変化を察知しにくくなっています。

肩甲骨の動きは「投げること」「打つこと」など腕を動かすプレーにおいて大きく作用します。
その為、正しい動きが出来ていないとケガに直結してしまいます。

だからこそビデオや鏡でフォームを確認して誤った身体の動きを自覚する事が必要になってきます。

スポーツでの動きもそうですが、まずは正しく身体を動かすために正しい姿勢がとれているのかが大切になります。
鏡の前で自分の姿勢を確認してみましょう。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  2. 2015-8-29

    胎児および乳児の運動発達

    人間では、胎児期に運動発達が始まります。受胎後7週目に頭部および頚部への横紋筋への運動神経支…
  3. 2015-8-7

    IGF-1と筋肥大の関係

    筋が、性ホルモン、成長ホルモン、インスリン、成長因子などの化学的刺激によって肥大することはよく知られ…
  4. 2015-7-15

    温度不耐性について

    外傷によって神経が傷ついたあとにみられる神経障害性疼痛や、腰痛、関節痛などの慢性痛では環境温度の変化…
  5. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
ページ上部へ戻る