体幹部のトレーニングについて

力強く、効率のいい身体的動作を行うには、身体の中核である、体幹部(コア)を重点的にトレーニングすることが重要になります。

体幹部のトレーニングの狙いは競技パフォーマンスの改善や向上ですが、スポーツ障害の予防にも繋がってきます。

具体的な筋肉でいうと、肩や股関節周囲のインナーマッスルをトレーニングすることによってスムーズに動かせるようになれば、体幹の力が手や足といった末端にまで伝わり、上肢と下肢が機能的に協応できるようになってきます。

背骨や骨盤を支える腹筋群・背筋群・脊柱起立筋・股関節周囲筋をトレーニングによって高め、体幹部全体の筋-神経系の動きを改善することができれば、腰が安定した状態になり、身体全体を力強く使えるようになり、これによりバランス能力やリカバリー能力が向上し、多くのスポーツでのパフォーマンスの改善が期待できます。

体幹部のトレーニングとして、コアトレーニング・スタビライゼーション・ファンクショナルエクササイズなどがあげられます。

主に体幹部トレーニングで使われる道具としては、バランスボールやストレッチポール・アジリティーディスクが使われます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-6

    体を正しく動かすために

    トレーニングやスポーツ競技を行ううえで炎症が起こることがあります。野球でヒジや肩などの障害は…
  2. 2015-8-21

    筋紡錘とゴルジ腱器官

    筋紡錘は最も複雑な感覚受容器であり、知覚部分と収縮部分からなり、筋線維と一緒に引き伸ばされるように筋…
  3. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
  4. 2015-1-25

    人間が人間らしく生きるための装置「前頭葉」

    脳の中でも前頭葉は意欲や意思決定、行動に対する抑制といった人間が人間らしく生きるための機能が詰まって…
  5. 2017-5-15

    暑熱順化と運動トレーニングの影響

    私たちが運動トレーニングを続けたり、暑熱環境にたびたびさらされると、深部体温や皮膚温が上昇して発汗す…
ページ上部へ戻る