体幹部のトレーニングについて

力強く、効率のいい身体的動作を行うには、身体の中核である、体幹部(コア)を重点的にトレーニングすることが重要になります。

体幹部のトレーニングの狙いは競技パフォーマンスの改善や向上ですが、スポーツ障害の予防にも繋がってきます。

具体的な筋肉でいうと、肩や股関節周囲のインナーマッスルをトレーニングすることによってスムーズに動かせるようになれば、体幹の力が手や足といった末端にまで伝わり、上肢と下肢が機能的に協応できるようになってきます。

背骨や骨盤を支える腹筋群・背筋群・脊柱起立筋・股関節周囲筋をトレーニングによって高め、体幹部全体の筋-神経系の動きを改善することができれば、腰が安定した状態になり、身体全体を力強く使えるようになり、これによりバランス能力やリカバリー能力が向上し、多くのスポーツでのパフォーマンスの改善が期待できます。

体幹部のトレーニングとして、コアトレーニング・スタビライゼーション・ファンクショナルエクササイズなどがあげられます。

主に体幹部トレーニングで使われる道具としては、バランスボールやストレッチポール・アジリティーディスクが使われます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
  2. 2015-10-17

    ポッピングサルコメア仮説とは

    オーストラリアの電気技師David Morganは、遠心性収縮に伴う筋損傷について、損傷をもたらすの…
  3. 2014-11-22

    グリコーゲンローディング

    日常生活におけるあらゆる運動・スポーツはエネルギー源物質であるアデノシン三リン酸(ATP )の高エネ…
  4. 2015-10-30

    ミオシンの運動メカニズム

    筋収縮のメカニズムは、1954年に提唱された滑走説が有力とされています。滑走説を簡単に説明す…
  5. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
ページ上部へ戻る