筋肉による能動的システムにアプローチする

正しい動作を行うためには、体幹部の教育と機能を高めることが必要になります。

この体幹部を安定させるための大切な3つの要素があります。

1、中枢神経による制御システム
2、骨や関節、靭帯による受動システム
3、筋肉による能動システム
の3つです。

この3つの要素のうち今回は3つ目の筋肉による能動システムについて考えていきます。


正しい動作を行うにあたり、筋肉による能動システムが正常に働くことが大切になるのですが、この機能を向上させるアプローチとして「フォースカップル」という考え方があります。

このフォースカップルは主に関節における筋作用を考える際によく用いられるものです。
まず筋作用の用語について復習します。

主働筋は、ある特定の運動に直接関わる筋や筋群のことで、例えば肘を曲げるという動作でいえば上腕二頭筋が主働筋になります。

拮抗筋は、主働筋の反対の作用を持つ筋群で、上腕二頭筋の拮抗筋は上腕三等筋になります。

主働筋や拮抗筋に対して、ある特定の運動時に協調して働く一対の筋群を共働筋といいます。
例えば、手関節を屈曲するときに尺側手根屈筋と橈側手根屈筋は協調して共働的に収縮します。

そして、もう1つの共働筋の例がフォースカップルになります。
フォースカップルは力の対を表しています。
2つ以上の筋がペアとなって同時に反対方向の力を生むときに生じ、力の中心に対して純粋な回転を与えます。
例えば、肩甲骨の上方回旋ですが、これは僧帽筋の上部および下部線維と前鋸筋の下部線維はフォースカップルを形成し、共働して肩甲骨を上方に回旋させるのです。
この他にも、骨盤の前傾や後傾など身体の重要な運動の大半において多数の筋群が共働筋として参加するのです。

このように複数の筋が共働して働くことで単一の筋に対する負担を軽減させることができますし、関節運動時に関節の運動軸を安定させるためにはとても重要な機能になります。

トレーニングにおいて、まずは正しい姿勢で多数の筋肉が正しく働いているのかチェックしてみて下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-11-18

    体幹機能とACL損傷

    スポーツ傷害の中で膝前十字靭帯(ACL)損傷は重篤な外傷であり,受傷後は長期離脱を余儀なくされるため…
  2. 2014-9-27

    運動中の水分摂取について「いったい何を飲むべきか」

    「運動中は何を飲めばいいのか」という質問をよく受けますが、基本的に大量に汗をかく激しい運動でなければ…
  3. 2015-8-10

    ATPを産生するメカニズム

    ATPを産生するメカニズムは①クレアチンリン酸(PCr)の分解によるATP-PCr系…
  4. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  5. 2014-12-9

    スポーツ医学の起源を知る。

    どの分野でも常に新しい発見があるように、スポーツの世界でも、理論や科学、医学とさまざまな分野で進化を…
ページ上部へ戻る