高齢者の姿勢制御の優位性

高齢者における姿勢の特徴として、加齢変化とともに脊柱後彎を呈する割合が高く、脊柱後彎姿勢では骨盤後傾、膝関節屈曲、内反変形を伴うことが多いとされます。

脊柱後彎姿勢では足圧中心(COP)、身体重心(COG)が後方化し、COP、COGともに前方移動がしづらくなります。

高齢者では若年者に比べ外乱に対する立位姿勢保持能力が劣り、若年者の姿勢調節では足関節の役割が大きいのに対し、高齢者の姿勢調節では股関節の役割が相対的に大きくなっています。

すなわち高齢者では足関節制御に対して股関節制御が優位な姿勢調節を行っていることになります。

さらに、高齢者の特徴として前足部の足底圧の低下、歩幅・股関節伸展角度の減少および屈曲角度の増加などが挙げられます。

このようなことから、高齢者では静的・動的な姿勢調節とともに前方に対しての足関節制御を発揮しづらく、股関節制御に依存した動作を行う身体状況であることが言えます。

姿勢制御には、視覚、前庭迷路、体性感覚などの感覚入力系や筋骨格系の効果器などの出力系のさまざまな要因が影響します。

なかでも高齢者では、加齢に伴う足底の体性感覚低下や筋出力低下のために足関節制御を発揮しづらくなるとされます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  2. 2016-4-4

    手の開き(指の伸展)と筋の協調

    手の開きは、つかみの準備のために行われます。MPとIP関節を通る指の完全伸展に対する最大の抵…
  3. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  4. 2014-9-27

    ホルモン分泌

    運動やトレーニングをすると、その直後には、さまざまなホルモンの血中濃度が一過性の変化を示します。…
  5. 2015-5-25

    水の飲み過ぎによる水中毒とは

    これからの季節、これまでより水分摂取の量が増えてくるかと思いますが、過度の水分摂取には気をつけないと…
ページ上部へ戻る