正しい姿勢で動く

正しい姿勢が良いというのはよく言われます。

人が地球上で活動するにあたって重力を切り離して考えることはできず、私達にはいつも重力がかかっています。
その為、良い姿勢とは重力に対する身体の適応状態のことをいいます。

身体の歪みがなく自然なバランスがとれた状態で立つことができれば、骨格だけで身体を支える事ができる姿勢になり筋力をあまり使わなくても真っ直ぐ立つことができます。
筋力をあまり使わなくてよく、関節への負担も軽減され疲れにくくなります。

逆に悪い姿勢では筋肉が縮みすぎたり伸びすぎたりしている状態になります。
この状態では効率的に力を発揮できないのです。

姿勢はすべての動きの基本になっており、どんな姿勢で運動を開始するのか、どんな姿勢で日常動作を営むのかということが大切になってくるのです。

姿勢には、静的姿勢と動的姿勢の2種類ありどちらも重要です。
スポーツの中では動的姿勢を見がちですが、まずは静的姿勢から評価し筋力のアンバランスや重心のかけ方の癖などをチェックします。

スポーツを行う上で静止状態のよい姿勢が維持できるというのはとても重要です。
パワーを最大限に発揮するためにも、怪我しないためにも大切になってきます。

スポーツでは動きを見がちですが、まずは静的姿勢をチェックしてみて下さい。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-7

    体温調節機構

    だんだんと暖かく...というよりは暑くなってきましたね。私たちは、そんな環境の変化にどの…
  2. 2015-5-5

    暑熱障害と体液

    生体は水負積(脱水率)の程度に応じて種々の症状を示します。…
  3. 2014-12-14

    評価とエクササイズは同時進行で行う。

    今回は、評価とエクササイズは同時進行で行うということで、エクササイズの指導をしながら同時に評価してい…
  4. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  5. 2017-1-10

    神経・筋に対するトレーニングの効果

    トレーニングで用いる負荷の大きさや、動作様式に応じて神経や筋肉にさまざまな適応を引き起こします。…
ページ上部へ戻る