ステップ運動について

ステップ運動とは、高さ10㎝から20㎝の間で多段階に調節できるステップ台への上り降りを、一定のリズムに合わせて行う運動で、室内で簡単にできることから、高齢者の方が健康を維持するのに適した運動としても実践されています。

同じようにウォーキングを室内で行うにはトレッドミルが便利ですが、ステップ運動は台という安い器具で電源もいらず行えるのが利点になります。

さらにステップ運動は上下への運動なので、ほぼ台の高さだけ体重を持ち上げることになります。

大腿部を持ち上げるには、腸腰筋が使われますが、ウォーキングなどではなかなか鍛えにくい部分でもあるので、手軽な筋力作りとしての効果も期待できます。

有酸素運動や筋力トレーニングを行うとき、個人の体力水準に合わせて、運動強度を数値で設定することが望ましいですが、ステップ運動では、台の高さ・運動のリズム・持続時間で運動強度を数値的にコントロールできるので、その点でも有効になります。

また動作自体は単純なので、運動への慣れで運動強度が変わる可能性は低いです。

集団で行う場合は、その集団の平均的な体力水準に合うリズムを用いて、それぞれの個人の体力水準に合わせて、台の高さを変えて行うことが大切になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-1-24

    トレーニングの効率を上げるコアコントロール

    「コア」は体幹周辺をさす言葉で、頭、腕、脚を除いた胴体部分をさします。このコアの動きを担って…
  2. 2015-5-19

    血液脳関門と脳の栄養

    脳の血管には「血液脳関門」といわれる構造があり、血中のタンパク質やその他の物質が脳の中に侵入できない…
  3. 2015-6-26

    骨盤の傾きと腰部などの身体への負担

    骨盤前傾が大きい(腰椎部伸展位)姿勢では、腰部が反りすぎてしまうので、椎間関節や棘突起など椎骨の後部…
  4. 2015-11-6

    運動時の循環血液量調節機構

    運動中には、運動強度に応じて心拍出量は増し、かつ活動筋に大量に血液が流れるようにその部位の血管は拡張…
  5. 2014-10-13

    同化・異化とは何か 〜代謝を考える〜

    蛋白に限らず糖類・脂質などの生物の体を構成する有機物質を分解する作用のことを異化:カタボリズムと言い…
ページ上部へ戻る