ステップ運動について

ステップ運動とは、高さ10㎝から20㎝の間で多段階に調節できるステップ台への上り降りを、一定のリズムに合わせて行う運動で、室内で簡単にできることから、高齢者の方が健康を維持するのに適した運動としても実践されています。

同じようにウォーキングを室内で行うにはトレッドミルが便利ですが、ステップ運動は台という安い器具で電源もいらず行えるのが利点になります。

さらにステップ運動は上下への運動なので、ほぼ台の高さだけ体重を持ち上げることになります。

大腿部を持ち上げるには、腸腰筋が使われますが、ウォーキングなどではなかなか鍛えにくい部分でもあるので、手軽な筋力作りとしての効果も期待できます。

有酸素運動や筋力トレーニングを行うとき、個人の体力水準に合わせて、運動強度を数値で設定することが望ましいですが、ステップ運動では、台の高さ・運動のリズム・持続時間で運動強度を数値的にコントロールできるので、その点でも有効になります。

また動作自体は単純なので、運動への慣れで運動強度が変わる可能性は低いです。

集団で行う場合は、その集団の平均的な体力水準に合うリズムを用いて、それぞれの個人の体力水準に合わせて、台の高さを変えて行うことが大切になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2014-12-10

    たとえ休日でも寝だめはダメなんです

    普段平日の睡眠不足に悩まされている方に採用されがちな解消法として「寝だめ」というものがあります。…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2015-1-24

    高齢者の運動効果

    歳をとってからでも筋肉トレーニングをしたら効果は出るのでしょうか??高齢者でもしっかりと筋ト…
  4. 2015-2-15

    筋膜とは何か?

    筋膜とは、その名の通り筋を包む膜のことだが、筋全体を覆っている最外層の筋上膜といくつかの筋線維を束ね…
  5. 2016-2-29

    大腿直筋の生理学的作用

    大腿直筋は、大腿四頭筋の筋力のわずか1/5しかもちません。そのため、それ自体のみでは膝関節を…
ページ上部へ戻る