ピリオダイゼーションについて

スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に、自分のコンディションがピークの状態で望むために、トレーニングの内容を変化させる事をピリオダイゼーションと言います。

具体的にはトレーニング期間を、準備期・移行期・試合期・回復期の4つの時期(ピリオド)に分け、各時期の目的に合わせてトレーニングの内容を変化させていく事を言います。

スポーツ競技の技術練習や体力トレーニングを行なっていくときに、取り組んだ当初のトレーニング効果は著しいですが、徐々に同じ事をしても効果が小さくなってしまうプラトーという停滞期に陥ってしまうことがあります。

このプラトーを克服するためには、トレーニングでそれまでと異なる刺激を、身体に与えることが有効になります。

そこで長期プランの中で、トレーニング内容を変化させピリオダイゼーションを設定し、主にトレーニングの強度と量を増減させる事を中心に行います。

トレーニングの種目やバリエーション、様式、動作スピードなどを変化させる事も有効です。

最も典型的な年単位のモデルは1年を1周期として、これを準備期・第1移行期・試合期・第2移行期の4つの時期に分け、各時期の目的に応じて負荷刺激を変化させます。

全体的な傾向として、試合期が近づくにつれて強度を増し、これに反比例するように量を減らしていきます。

スポーツ種目やアスリートの必要性に応じて、ピリオダイゼーションは多種多様になります。

また競技レベルが高いほど、より短くサイクルまで考慮したピリオダイゼーションが必要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  2. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  3. 2014-12-21

    がんと運動効果

    今日は、「ガンと運動について」です。「予防」のためというのはもちろんですが、「ガン患者」や「ガン…
  4. 2015-7-29

    静的ストレッチングについて

    ストレッチングは運動療法において実勢頻度の高い手技のひとつです。ストレッチングにより得られる…
  5. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
ページ上部へ戻る