ピリオダイゼーションについて

スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に、自分のコンディションがピークの状態で望むために、トレーニングの内容を変化させる事をピリオダイゼーションと言います。

具体的にはトレーニング期間を、準備期・移行期・試合期・回復期の4つの時期(ピリオド)に分け、各時期の目的に合わせてトレーニングの内容を変化させていく事を言います。

スポーツ競技の技術練習や体力トレーニングを行なっていくときに、取り組んだ当初のトレーニング効果は著しいですが、徐々に同じ事をしても効果が小さくなってしまうプラトーという停滞期に陥ってしまうことがあります。

このプラトーを克服するためには、トレーニングでそれまでと異なる刺激を、身体に与えることが有効になります。

そこで長期プランの中で、トレーニング内容を変化させピリオダイゼーションを設定し、主にトレーニングの強度と量を増減させる事を中心に行います。

トレーニングの種目やバリエーション、様式、動作スピードなどを変化させる事も有効です。

最も典型的な年単位のモデルは1年を1周期として、これを準備期・第1移行期・試合期・第2移行期の4つの時期に分け、各時期の目的に応じて負荷刺激を変化させます。

全体的な傾向として、試合期が近づくにつれて強度を増し、これに反比例するように量を減らしていきます。

スポーツ種目やアスリートの必要性に応じて、ピリオダイゼーションは多種多様になります。

また競技レベルが高いほど、より短くサイクルまで考慮したピリオダイゼーションが必要になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-1-30

    1億画素の網膜

    眼はものをみるとき、光を受け取っています。外からの光は、瞳孔の縮小と散大によって調節され網膜…
  2. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
  3. 2015-7-16

    コリン作動性ニューロン

    アセチルコリン acetylcholine (Ach) を神経伝達物質とするニューロンをコリン作動性…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2014-10-7

    体脂肪量の調節「レプチン」

    レプチンというホルモンが、体脂肪量の調節において重要な役割を演じています。本来、レプチンは、食欲…
ページ上部へ戻る