ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。

ムーブメントスキルをトレーニングすると、基本的運動である重心移動と末端加速の能力が高められます。
これらを競技スキルにつなげていくとよりパワフルになり、より継続的に力を発揮できるようになります。

このムーブメントスキルを考える上で大切な概念が3つあります。
それは、「構造強度」「適切なベクトル」「地面反力」の3つです。

まず、「構造強度」を考えていきます。
これは建物で考えると、高い建物が大きな地震から倒れないためには、建物全体や部分的なパーツのそれぞれの役割をみたし、強度を保ち続けることが必要になります。

ひとの身体も同じように、内や外から力を受けてもケガせずに保ち続けることが大切で、また形を保てることによって受けた力を効率的に運動に利用することができるのです。

身体の強度なのですが、身体のパーツは、骨・靭帯・腱・筋・関節包などさまざまあります。
そのパーツそのものの強度とそれらから構成される関節の強度も重要です。
関節の強度とは、関節を構成する骨や軟部組織などの強度と、関節を正しく扱うことができるのかという身体スキルも含まれます。
関節の可動域から外れてしまうとケガにつながるため、正しい関節の動きを維持しながら動作ができるかということも大切になるのです。

次の「適切なベクトル」なのですが、これは力の利用を考えるものです。

これを考える上でのキーワードとして、「セグメントの運動」「関節の機能」「力の作用」があります。
セグメントとは、骨を中心とした変形しない部分のことをいいます。
この変形しないセグメントとセグメントをつないでいるのが関節です。

関節がセグメントの動き、つまり運動に大きな役割をはたしているのです。
1つのセグメントに力が働くと、関節を介して隣接するほかのセグメントに力が加わります。
それが連鎖することによって運動を行うのですが、動作を巧く行うためにはこれらの連鎖を最適化することが必要であり、関節の可動する機能だけでなく、固定させるという機能も使いながら効果的な運動につなげることが必要なのです。

最後の「地面反力」なのですが、これは地面に加えた力に対する反作用のことです。

たとえば、走るという動作を考えた場合、速く走るためには地面を強く蹴ることが必要になります。
このように大きな力を利用する場合、ある対象(ここでは地面)に加えた力の反作用を利用すると大きな力が発揮できるのです。

より大きな地面反力を使うと大きな力が発揮できるのですが、一方で身体に大きな負担をかけてしまいます。
そのため、大きな地面反力をつかえる状態、つまり「構造強度」「適切なベクトル」の能力を上げることが大きな力の発揮には必要になります。

トレーニングにおいて、この3つの観点から評価し、これらを循環させながらトレーニングすることがムーブメントスキルの向上には大切なのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-26

    アスリートの為のプロテイン摂取

    プロテインと聞くと、「筋肉増強剤」などのイメージが強い方もいらっしゃると思いますが、ビタミンやミネラ…
  2. 2015-1-9

    内臓操練法

    みなさんは、内臓操練法という言葉を耳にしたことはありますか?この鍛錬法は、肥田式強腱術の中に存在する…
  3. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  4. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  5. 2014-10-3

    「NO pain no gain」痛みの考え方

    『痛みなくして、得るものなし』【NO pain no gain】古くからよく聞く言葉で、よく…
ページ上部へ戻る