スプリットルーティーンについて

筋力強度が上がると、相応にトレーニングの強度や量が増加し、1回での全身の筋肉をトレーニングする事が難しくなります。

体力の消耗度も大きくなり、その疲労は十分に回復しないまま、次のトレーニングを行ってしまうという悪循環にもなります。

そこで、効果的にトレーニングを継続して行くために、全身の筋群を2つまたは3つの部位に分けて、各部位を別々の日に週2回ずつトレーニングしていきます。

この方法をスプリットルーティーンと言います。

1週間のトレーニング回数は増加していきますが、各筋群のトレーニング回数は週2回なため、その筋群が回復するための十分な間隔をおいて、質・量ともに内容の濃いトレーニングができます。

最も一般的な例としては、上半身をトレーニングする日と、下半身をトレーニングする日に2分割する方法です。

それぞれ、自分の目的にあった種目を選択し、各プログラムを作成します。

また、上半身の種目を多くしたい時はその1部を下半身の日に振り分けます。

種目の分け方は、いくつかのパターンがありますが、個人によって重視する筋群や実施する種目数が異なりますので、各自が考えながら、最も最適なプログラムを作って行く事が大切です。

また、スプリットルーティーンはスポーツ選手の筋力・パワー強化においても大変有用です。

例えば技術練習で疲れが溜まった後に、全ての種目をトレーニングしても効果が上がらず、筋力トレーニングの疲労を持ち越して、かえって技術練習に影響が出る可能性があります。

スポーツ選手は、翌日に疲労を残さずに、技術練習とトレーニングが良好に回転して行くように日々の練習内容、トレーニングプログラムを工夫する事が大切になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-18

    飢餓や絶食と代謝

    飢餓や減量のための絶食もストレスの一種です。代謝に必要なエネルギーが摂取できなくなると、体内…
  2. 2016-12-20

    行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

    コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期で…
  3. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  4. 2014-12-8

    老化を左右するテロメア

    昔から、老化の予防には運動といいます。実際に、習慣的に運動している方は、日常生活動作や身…
  5. 2015-2-15

    サルコペニア対策は大丈夫?

    今日は加齢によって起こる「サルコペニア(加齢性筋萎縮症)」という問題について触れていきます。…
ページ上部へ戻る