慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢性疲労になった状態を「オーバートレーニング症候群」といいます。

身体の一部に長期間負荷な蓄積して起こる「オーバーユース症候群」や一度に激しいトレーニングを行って疲労困憊する「オーバーワーク」とは別です。

オーバートレーニング症候群はが重症になると競技復帰までにかなりの時間がかかってしまうので、トレーニングの量に見合った十分な休養と栄養をとり早期発見に努め、早期の対処が重要になります。


オーバートレーニング症候群の症状と予防


 

オーバートレーニング症候群の初期には、原因不明の競技成績の低下が見られます。
さらに進むと、易疲労感、全身倦怠感、睡眠障害、食欲不振、体重減少および集中力の欠如などを訴えるようになり、最悪の場合にはうつ病と似たような精神異常を示すようになってしまいます。

オーバートレーニング症候群の原因は、過剰な肉体的あるいは精神的ストレスが長時間にわたって継続し、視床下部・下垂体系の機能不全をきたし、脳下垂体から分泌されるホルモンの一部にアンバランスが生じてくるからと考えています。

貧血や感染症などの疾病が見られないにも関わらず、安静時の心拍数が増加していたり、安静血圧の上昇がみられたり、運動後の安静血圧への回復が遅れたり、競技力の低下または最大パワーの減少があればオーバートレーニング症候群と診断されます。

オーバートレーニング症候群を予防するためには、トレーニングの量に見合った休養や栄養を心がけトレーニング・日常生活での変化を注意深くチェックしていく事が大切になります。

注意する点としては
起床時心拍数、運動トレーニングに対する心拍数反応、体重変動、食欲低下、疲労感、自覚症状などです。

このような点について変化が見られたら休養や栄養を考えてみましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-5-27

    情動の記憶は何処へ

    ヒトは物事を学習し行動を変容させる生き物ですが、それには記憶というものが大きく関わっています。…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2015-6-12

    神経系と反射弓

    神経系の機能の本質は、刺激を末梢から中枢に導き、興奮を中枢から末梢に伝えることにあります。こ…
  4. 2016-12-27

    ムーブメントスキルを考える上で大切な3つの概念

    傷害予防やパフーマンス向上のを達成するためには、ムーブメントスキルの向上が不可欠です。ムーブ…
  5. 2016-1-10

    スポーツにおける腰痛とコアの筋構造

    スポーツにおける腰痛は性別・年代を問わず、あらゆる種目の競技者に頻発する障害です。そのなかでも、…
ページ上部へ戻る