体力要素の偏りを是正し、障害を予防するクロストレーニング

自分の専門種目以外のトレーニングを行うことを「クロストレーニング」といいます。
このトレーニングを行うことで、専門種目で鍛えにくい体力要素も鍛えられ、パフォーマンスの改善を図るとともに、同じ動作の繰り返しによる「オーバーユース」を軽減し、「スポーツ障害」の予防につなげます。

 
多くのスポーツ競技では、特定の動きをするため、片側だけの筋を使う場合が多くなります。

たとえば、サッカーではボールを蹴る動作が圧倒的に多くなるので、上半身の筋群を使うとよいのです。
このように、他の種目や、普段と違う使い方をする運動を行うことで、普段鍛えられていない体力要素が改善され、フィットネスレベル全体が底上げされれば、パフォーマンス改善に有効になります。
また、多くのスポーツでは同じ動作が反復され、一部がオーバーユースになり、スポーツ障害につながりやすいのでクロストレーニングは障害の予防にも有効になります。

 
週間スケジュールとしては、専門トレーニングを5日、休養を1日、積極的休養を1日とる事が望ましいです。
その積極的休養の日に、専門カテゴリーとは違うスポーツや運動を楽しみながら行えば気分転換にもなります。

 
アメリカでは、多くのスポーツがシーズン制を採用し、オフには他の競技を行うことがクロストレーニングになっています。
日本では、1年を通して同じ競技をすることが多いが、身体全体の能力向上や改善、ケガやスポーツ障害の予防などを想定し、計画的にクロストレーニングを実施していくことも大切になってきます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-16

    運動の「向き」「不向き」は遺伝子だけで決まるものではない。

    ACTN3という遺伝子をこ存じでしょうか?αアクチニン3タンパク質の略で、筋肉の構造に関わる…
  2. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  3. 2015-6-19

    Gate Control Theory

    Gate Control TheoryとはPatrick D.WallとRonaldが1965年に発…
  4. 2016-12-25

    慢性疲労の状態が引き起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツ活動で生じた生理的な疲労が、十分な回復の過程をとることが出来ずに積み重なってその結果として慢…
  5. 2017-1-31

    分厚い胸板をつくるために

    厚い胸板はトレーニングをする人、特に男性には憧れの存在です。ここが薄いとスーツやTシャツもか…
ページ上部へ戻る