人間が運動や活動をするときに有酸素系からエネルギーの大半が供給される運動を有酸素運動といい、CP系・解糖系からのエネルギーが優位になる運動をアネロビクスといいます。

エアロビクスとは、心肺機能を改善させる運動プログラムで、有酸素運動は、その中核となるものです。

有酸素運動を行うと心肺持久力や筋持久力・全身持久力が向上し、さらには呼吸循環器系機能も改善されます。

これら有酸素系の持久力は運動強度が比較的軽い運動を長時間持続するために必要な持久力です。

主な有酸素運動としては、ジョギングの他・サイクリング・水泳・エアロビクス・ダンスなど多様な種目が挙げられますが、これはある運動が有酸素運動とアネロビクスのいずれであるかの区別は、種目によって決まるのではなく、その人にとってのきつさ(相対強度)に依存するからです。

また、続けるつもりなら20分は続けられる運動であるかが有酸素運動かの目安であり、実際に運動した時間で決まるものではないです。

高齢者や虚弱な人ではウォーキングも有酸素運動といえ、また体力が平均レベル以上ならジョギングは10分走っただけでも有酸素運動になります。

有酸素エネルギー供給の尺度は最大酸素摂取量ですが、有酸素運動によるトレーニングを行う場合は、心拍数を用いて強度を設定します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-22

    エネルギー源の糖質

    動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも、生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し…
  2. 2016-12-16

    スタミナを上げる持久力トレーニング

    持久力の要素の中に、心肺機能の強さがという要素がありますが、これはどのように鍛えるのがいいのでしょう…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2014-12-5

    『ムーブメントプレパレーション』

    『ムーブメントプレパレーション=動きのための準備』今までにスポーツやトレーニングをする際に、…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る