激しい運動に耐えるスポーツ心臓

私たちの身体は与えられた刺激に応じて、それに適応する能力をもっています。
心臓も同様に長時間高度なトレーニングを積んだ結果、スポーツ選手の心臓は激しい運動に対応できるように心臓自体が大きくなっていることがあり、一般の人の1.5倍程度大きくなることもあります。
これを「スポーツ心臓」といいます。
このスポーツ心臓の形態的な特徴は、肥大と拡張です。

たとえば、重量挙げや砲丸投げの選手はバーベルの挙上や砲丸を投げる瞬間に息をとめて強い筋力を発揮するので血圧がかなり上がるため、心臓肥大が発現するといわれています。

一方、マラソンなどの長時間にわたって心臓が普段より多量の血液を送り出し続けるスポーツは、心容積が拡張していきます。

これらは、スポーツを辞めると徐々に元に戻ります。
そのため、それぞれのスポーツに適応した結果と考えられています。

安静時の脈拍は、一般的には1分間で60~80拍ですが、スポーツ心臓の人はそれより低い傾向にあり、1分間で40~50拍、マラソン選手などは1分間で40拍以下という例もあります。

心臓の大きさはレントゲン撮影で見ることができ、壁の厚さや拍出量は超音波検査で知ることができます。
スポーツ心臓は激しいトレーニングや運動に適応した結果得られるものですが、全ての人が適応できるのかというとそうではありません。

スポーツ心臓と心臓疾患のひとつである肥大型心筋症は臨床所見が似ています。
そこで、脈が少ない、心臓が大きい、心電図で心室肥大が見られるなどスポーツ心臓の特徴が見られる場合は念のため病院にいきましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-3

    生体の階層性について

    どんな生物でも、簡単か複雑かの違いはあるにしろ、それぞれの機能に応じた構造が対応しています。…
  2. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  3. 2015-3-19

    脂肪とは何か?

    健康面でも美容面でも「脂肪」という名前が出ていますが、そもそも脂肪とはなんでしょうか。お腹の…
  4. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  5. 2015-3-13

    骨を鳴らすと太くなる?

    皆さんのなかにもついつい無意識に指や首の骨をポキポキ鳴らしてしまう方がいると思います。このと…
ページ上部へ戻る