摂食制御とホルモン

消化管は、摂食行動の短期的な制御において役割を果たします。

脳に腸管の状態を知らせる胃腸ホルモンは、コレシストキニンとグレリンの2つです。

コレシストキニンは食事中に腸から分泌されます。

これは、胃内容物の排出を遅らせ、また食事のパターンに関係する下位脳幹への迷走神経の入力を刺激することにより、食事を終了させる作用をもちます。

グレリンは、食事の終了よりも開始に働きます。

コレシストキニンとは対照的に、胃からのグレリン放出は、胃がまだ空であるとき、つまり食事の前にピークに達します。

グレリン受容体は多くの脳部位で見られますが、弓状核、視床下部室傍核、迷走神経脊髄核にグレリンを直接投与することで摂食は誘発されます。

食物摂取を調整するため、長期のエネルギーの貯蔵の状態を反映するレプチンとインスリンのようなシグナルは、食事の組成とパターン構成を決定する短期シグナルと相互作用しなければなりません。

これらの相互作用はさまざまな次元で起こります。

例えば、レプチンは十二指腸からのコレシストキニンの放出を促し、レプチンとグレリンは、神経ペプチドYとアグーチ関連ペプチドを含む弓状核ニューロンに対して拮抗的な効果を及ぼし舞う。

レプチン、インスリン、グレリンはすべて、短期エネルギー状態の分子センサーであるAMPK(5′-AMP活性化プロテインキナーゼ)と相互作用します。

細胞は、重要な生理学的プロセスのためにも、ATPとAMPを高い比で維持しなければなりません。

この比率が一定値以下になったとき、AMPKは活性化されます。

AMPKの活性化は、異化作用を刺激し、同化作用を抑制することで、ATP/AMP比を復元します。

エネルギー平衡に関係する視床下部ニューロンで、レプチン、インスリン、高血糖値はすべてAMPK活性を阻害するのに対して、絶食とグレリンがそれを活性化します。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  2. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  3. 2016-4-11

    骨格筋からメッセージを読み取る

    関節運動を行う際に骨格筋からどのようなメッセージが発せられているかを捉えることが治療を進めるうえで非…
  4. 2016-4-9

    振動刺激と筋弛緩

    痛みや炎症に由来する筋収縮が、関節可動域の制限因子として関与していると考えられる症例に対しては、筋収…
  5. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-6-24

    膝関節の機能解剖

    膝関節は大きな可動性を有した関節形状をしていて、特に矢状面上での可動域が大きい関節になります。矢…
  2. 2016-12-15

    筋肉を肥大させるストレス

    私たちの身体が強くなるためにはストレスが必要です。例えば、寒い中薄着で過ごす習慣をおくっていると…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2015-1-24

    神経ヒスタミンを活性化させる。

    咀嚼によって脳内に放出されるヒスタミンは、睡眠ー覚醒サイクル調節機能に関与します。睡眠と覚醒…
  5. 2015-9-12

    免疫という生体システム

    免疫という生体システムは、自己と非自己を区別するシステムであります。無限に存在する非自己…
ページ上部へ戻る