より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。
それらの動作は「伸張ー短縮サイクル」(ストレッチ・ショートニングサイクル)によってなされています。

この筋の「伸張ー短縮サイクル」を効果的につかうトレーニングが「プライオメトリックス」です。
瞬発的な動作が要求されるスポーツとしては、バスケットボール、バレーボール、サッカー、野球、ラグビー、テニス、短距離、跳躍など様々ありますが、これらの動作の素早い切り替えし、爆発的なパワーを鍛えるために行われます。

その仕組みとしては、主動作の前に予備的に筋を伸張させることにより弾性エネルギーを蓄え伸ばされた筋肉が縮もうとする筋収縮エネルギーと意識的な筋収縮エネルギーを合わせて瞬発的に大きなパワーを発揮するというものです。

また、プライオメトリックスは、神経系の制御によって最適な動作スピード、姿勢、力発揮の位置とタイミングを学習するトレーニングでもあり、筋の発揮張力がその瞬間に最大となるように予備伸張動作を行うことが重要になります。

この動作のポイントとして4つ挙げられます。

「伸張速度」
筋が伸張速度が速いほど発揮される張力は大きくなります。

「関節アライメント」
主働筋が最大張力を発揮できる関節の配置、動作姿勢が大切です。

「切り返しのタイミング」
最大パワーが発揮されるポイントで動作を切り返すことが大切です。

「瞬間的な切り返し」
動作の減速・加速を出来るだけ短時間で完了させることが大切です。
このようなポイントを踏まえ行うことが大切です。

爆発的なパワーを発揮できるようにするこのトレーニングですが、筋骨格系に対して瞬間的に非常に大きなストレスをかけてしまいます。
その為、このトレーニングを行うにあたって筋力トレーニングにより基礎的な筋力を十分に養っておくことが大切になり、導入にあたっては強度の低いものからはじめ強いストレスに慣れさせていくことが大切になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2017-1-28

    トルクコントロール

    トルクとは、筋肉が関節を回す力のことです。それを最適な状態にするのが「トルクコントロール」で…
  3. 2015-9-8

    安静立位姿勢と筋活動

    人間の日常生活の行動の多くは、立位姿勢やそこから派生する姿勢で行われています。そのため、立位…
  4. 2016-12-12

    パフォーマンスを決める2つの要素

    高いパフォーマンスを実現するためには、大きく分けて2つの要素があります。1つ目は、筋力や持久力、…
  5. 2015-2-27

    発達性動作機能不全

    発達性動作機能不全は、運動の発達過程において理想的な動作を行う機会が充分でなかった場合や、理想的でな…
ページ上部へ戻る