より大きなパワーを引き出すプライオメトリックス

陸上の短距離や、様々な球技など多くのスポーツで瞬発的な動作が常に要求される。
それらの動作は「伸張ー短縮サイクル」(ストレッチ・ショートニングサイクル)によってなされています。

この筋の「伸張ー短縮サイクル」を効果的につかうトレーニングが「プライオメトリックス」です。
瞬発的な動作が要求されるスポーツとしては、バスケットボール、バレーボール、サッカー、野球、ラグビー、テニス、短距離、跳躍など様々ありますが、これらの動作の素早い切り替えし、爆発的なパワーを鍛えるために行われます。

その仕組みとしては、主動作の前に予備的に筋を伸張させることにより弾性エネルギーを蓄え伸ばされた筋肉が縮もうとする筋収縮エネルギーと意識的な筋収縮エネルギーを合わせて瞬発的に大きなパワーを発揮するというものです。

また、プライオメトリックスは、神経系の制御によって最適な動作スピード、姿勢、力発揮の位置とタイミングを学習するトレーニングでもあり、筋の発揮張力がその瞬間に最大となるように予備伸張動作を行うことが重要になります。

この動作のポイントとして4つ挙げられます。

「伸張速度」
筋が伸張速度が速いほど発揮される張力は大きくなります。

「関節アライメント」
主働筋が最大張力を発揮できる関節の配置、動作姿勢が大切です。

「切り返しのタイミング」
最大パワーが発揮されるポイントで動作を切り返すことが大切です。

「瞬間的な切り返し」
動作の減速・加速を出来るだけ短時間で完了させることが大切です。
このようなポイントを踏まえ行うことが大切です。

爆発的なパワーを発揮できるようにするこのトレーニングですが、筋骨格系に対して瞬間的に非常に大きなストレスをかけてしまいます。
その為、このトレーニングを行うにあたって筋力トレーニングにより基礎的な筋力を十分に養っておくことが大切になり、導入にあたっては強度の低いものからはじめ強いストレスに慣れさせていくことが大切になります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-15

    冬のほうが代謝が高いのはなぜ?

    ほとんど多くの人にとって寒いより暖かいほうが良いでしょうが、代謝という点で考えると実は寒いほうが良か…
  2. 2015-7-26

    咀嚼と脳と健康

    咀嚼とは、噛む動作のことを言います。咀嚼筋は咬筋、側頭筋、内外翼突筋からなり、顎関節に作用し…
  3. 2015-3-14

    骨盤のゆがみと仙腸関節

    骨盤は下肢と脊柱を連結する位置にあり、荷重伝達機能を担う。骨盤の可動性に関与するのは、左右の寛骨…
  4. 2015-12-16

    アルコールとタバコ依存

    糖や脂肪のようにエネルギー源になるわけでもないのに、ヒトがついついはまってしまう嗜好品というものがあ…
  5. 2015-5-12

    自発的脱水とは

    かつては運動時に水分を補給すると、発汗量が増加し疲労の原因となると考えられ、また渇きに耐えることも運…
ページ上部へ戻る