発熱とは

発熱は、病気の目印として最も古く、そして最も一般的に知られています。

発熱は哺乳類だけのものではなく、鳥類、爬虫類、両生類、魚類でも起こり舞う。

恒温動物では発熱時には体温調節機序はあたかも正常より高いレベルで体温を維持しているかのように働いています。

すなわち、体温のセットポイントが通常(37°前後)よりも高いレベルに設定されているかのように働きます。

したがって、温度受容器は実際の温度が新たにセットされたポイントよりも低いという情報を送り、体温上昇機構が活動します。

その結果、一般に皮膚血管収縮が起こり、悪寒、ふるえを引き起こします。

ただしこの反応の性質は周囲の温度に依存します。

実験動物に発熱物質を注入した場合、体温上昇が見られますが、低温の環境では熱産生の増加、高温の環境では熱損失が低下します。

エンドトキシンなどの細菌毒は、単球、マクロファージ、クッパー細胞に作用して内因性発熱物質として作用するサイトカインを産生します。

IL-1β、IL-6、β-IFN、γ-IFN、TNF-αは、独立に発熱を起こし得ます。

これらのサイトカインはポリペプチドなので、循環血液中から脳内に入るとは考えにくく、脳室周囲器官である終盤脈管器官に作用することが示唆されています。

それにより、視床下部の視索前野を活性化します。

サイトカインは中枢神経系の細胞が感染によって刺激されたときに、その細胞で生成されます。

このようにしてできたサイトカインは、直接体温調節中枢に作用すると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-9

    小学生や中学生のトレーニング

    小学生から中学生にかけての成長期は、骨が大きく成長し身長が急激に伸びる時期にあたります。この…
  2. 2016-2-13

    体重の構成要素

    体重の構成要素には、①脂肪量(脂肪組織および他の組織中に含まれるすべての脂肪)②除脂肪量(水…
  3. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  4. 2014-11-17

    椎間板ヘルニアの保存療法

    腰椎椎間板ヘルニアはアスリートに発生する腰痛の原因としてしばしば問題となっている。治療方法は…
  5. 2017-3-16

    エクササイズのステップアップ

    ケガをさせない身体づくりで重要なコンセプトは⓵「姿勢」「動作」「筋活動」の最適化、⓶至適な負荷強度、…
ページ上部へ戻る