発熱とは

発熱は、病気の目印として最も古く、そして最も一般的に知られています。

発熱は哺乳類だけのものではなく、鳥類、爬虫類、両生類、魚類でも起こり舞う。

恒温動物では発熱時には体温調節機序はあたかも正常より高いレベルで体温を維持しているかのように働いています。

すなわち、体温のセットポイントが通常(37°前後)よりも高いレベルに設定されているかのように働きます。

したがって、温度受容器は実際の温度が新たにセットされたポイントよりも低いという情報を送り、体温上昇機構が活動します。

その結果、一般に皮膚血管収縮が起こり、悪寒、ふるえを引き起こします。

ただしこの反応の性質は周囲の温度に依存します。

実験動物に発熱物質を注入した場合、体温上昇が見られますが、低温の環境では熱産生の増加、高温の環境では熱損失が低下します。

エンドトキシンなどの細菌毒は、単球、マクロファージ、クッパー細胞に作用して内因性発熱物質として作用するサイトカインを産生します。

IL-1β、IL-6、β-IFN、γ-IFN、TNF-αは、独立に発熱を起こし得ます。

これらのサイトカインはポリペプチドなので、循環血液中から脳内に入るとは考えにくく、脳室周囲器官である終盤脈管器官に作用することが示唆されています。

それにより、視床下部の視索前野を活性化します。

サイトカインは中枢神経系の細胞が感染によって刺激されたときに、その細胞で生成されます。

このようにしてできたサイトカインは、直接体温調節中枢に作用すると考えられます。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-4

    反射神経とは

    競技によっても様々ですが、アスリートたちの反応の速い動きをみてると驚かされるばかりです。…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-3-25

    脂肪細胞とホルモン

    脂肪細胞はいわば中性脂肪の倉庫みたいなもので、貯蔵する中性脂肪が増えて脂肪細胞に入りきらなくなると、…
  2. 2017-3-27

    筋トレで効果が出ない時の克服方法

    初心者がトレーニングを開始すると最初の数ヶ月は、使用する重量や反復回数が目覚しく向上していきます。…
  3. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  4. 2014-9-27

    驚くべき脂肪細胞の能力

    脂肪組織は,生体内の余剰エネルギーを脂肪の形で貯め込む特殊な器官である。それゆえに現代人にあ…
  5. 2017-1-15

    クールダウンの必要性

    ダッシュなど激しい運動を行うと、乳酸が多く算出され、血中乳酸濃度が増加します。全力で400メ…
ページ上部へ戻る