筋膜組織は、身体全体の可動部位を結合し支持しています。

靭帯とは異なり、筋膜は1つの関節を結びつけるのではなく、1つの骨から他の骨へ小さな空間を交差するように走行します。

 

また、筋膜組織は3次元のクモの巣のような構造で頭の先から爪の先まで、浅層から深層まで身体全体に張り巡らされています。

それらは全身の動作パターンを補い合うように縦横や配置されており、ストレスを分散される動的な構造となっています。

 

筋膜は筋の作用と密接に関係し、筋収縮の効果を高めます。

また筋の共同作用など生体力学的連鎖や支持性に関与しています。

 

筋膜構造の一部は筋鞘を包含しています。
筋鞘は、筋に対して支持や圧を与えることで、筋の収縮や隆起に際して水圧のような効果を作り出し、より緊張の強い部分へ筋膜のラインを引っ張ります。

 

自然で機能的な動作やストレスにかかわるすべての筋膜ラインに支持性や張力を与えています。

また、身体のいたる所に筋膜のラインが伸びているので、1つの筋の収縮が収縮部位とは離れた部位へ影響を与えることができます。

 

中枢神経系は、運動プログラム中で、動作のなかで補完し合う筋のグループを協力筋として認識します。

筋膜は、この同じ筋のグループを連結し、力学的に補完し合う関係を構築しています。

 

骨格系が静的な支持機構を作り上げているのと同様に、筋膜系は動的な支持機構を作り上げています。

骨格系の静的な支持は、機能的な動作の基準からいえば、最も堅固な組織です。

一方筋膜系は、パターンに応じて硬さをを変え、自由な動きを生み出しています。

 

筋膜の各ラインは、動作パターンに応じて、時には支持性を与え、時にはしなやかさを与えるなどの役割があり、さまざまなタイミングでさまざまな動作において、さまざまな部位に対して、必要に応じて必要な力を骨格系に提供しています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-1-28

    「痛み感覚」とニューラルネットワーク

    慢性の痛みは脳内で自動的に記憶を引き出してしまうような「ニューラルネットワーク」を構築しています。…
  2. 2017-2-28

    運動の作用・反作用をうまく使う

    格闘技や身体の接触があるスポーツで相手にぶつかったり、押したり引いたりすることがあります。そ…
  3. 2015-7-1

    年齢によって起こる知能形態の変化

    知能は「思考能力の個人差」を表現しているものになります。では思考はなにかと言うと、知覚された…
  4. 2015-10-13

    脊髄に内在する中枢パターン発生器 ーCentral pattern generatorー

    運動における大脳皮質の貢献は、運動出力の生成そのものに対してはさほど高くないと解釈するのが妥当とされ…
  5. 2016-1-14

    ウイルスと細菌

    ウイルスと細菌、なんとなく同じもののように思いますが、実は全く違うものです。まず、感染症を簡…
ページ上部へ戻る