マイオセラピーとその適応

マイオセラピーは筋疾患に対する治療法です。

この治療法は、生体が内外界からの刺激に、防御系や調整系によって対応する反応を利用することを原理とします。

マイオセラピーの刺激は、主に徒手による機械的刺激となります。

マイオセラピーが対象とする筋の病態には、生体反応の立場からみると2種類あります。

その1つは、病態生理学的反応とよばれ、筋自体の一次的な傷害によるもので、もう1つは、その一次的な筋障害に伴う痛みなどにより二次的に発生する筋の防御反応の結果起こった生体の反応で、生理学的反応とよばれています。

この2種類の反応は、ともに生体の防御・調整機能によるものです

筋に限らず組織が傷害されると、炎症が生じ、その炎症反応とともに発生した痛みのため、広い範囲にわたり侵害逃避反射が起こります。

この逃避反射により筋緊張が亢進し、これが筋スパズムを引き起こします。

この筋緊張の亢進が長期化すると、血管やリンパ管を圧迫し、循環動態の不全を起こし、筋浮腫を生じます。

この循環不全は、生体が起こす正常な反応であり、筋の防御反応による一次的な状態であることから、生理学的反応とよばれます。

痛みを避けるためにとる姿勢も生理学的反応といえます。

それに対して筋の傷害が直接的な原因となって生じる筋の一部に発生する筋硬結などは病態生理学的反応とよばれています。

この2種類の生体反応はそれぞれ別個の症状を呈することから鑑別が重要であり、その治療も異なります。

マイオセラピーは生理学的反応や病態生理学的反応の双方を軽減させ、最終的に消失させることを目的としています。

マイオセラピーが対象としている筋疾患の問題点は、局所の循環障害および部分的筋収縮にみられます。

それらの病変により誘起される二次的病態が筋スパズムや筋硬結の状態です。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-5-16

    加齢に伴う身体能力の変化

    加齢に伴い運動機能は減退します。特に筋力と有酸素能力の低下はスポーツや運動活動への参加を困難…
  4. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  5. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-3-28

    前頭前野の障害とPhineas Gageの症例

    われわれが日常生活で行うことの多くは、目的を記憶し、企図したように行動する能力に依存しています。…
  2. 2017-1-18

    運動頻度

    運動頻度とは、週当たり、1日あたりのトレーニング回数のことです。運動頻度は、運動強度と運動時…
  3. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  4. 2014-11-24

    コレステロールって悪いもの?

    皆さん、コレステロールについてどういうイメージをお持ちですか?多くの方がコレステロールは身体…
  5. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
ページ上部へ戻る