行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期では身体と脳と神経系統のバランスのよい発達を促し、成人期では運動を円滑に行う能力を向上させ技術の習得や洗練の基礎となるトレーニングです。

スポーツのトレーニングには、体力の向上を目的とするトレーニングと専門技術・戦術の練習があります。
体力トレーニングでは筋力、スピード、持久力が重視されます。

体力の構成要素の中には、行動を「起こす」能力、「調整する」能力、「持続する」能力がありますが、行動を調整する能力の中にコーディネーション能力があります。

コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知し、それを頭で判断し、筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力です。
これを行うと次のような能力が高められます。

「定位能力」
これは、周囲の状況と関連付けながら動きの変化を調整する能力です。

「変換能力」
これは、状況が変わったとき動作を素早く切り替える能力です。

「リズム能力」
耳や目からの情報を動きによって表現しイメージを現実化する能力です。

「反応能力」
合図を素早く察知し、適時に適切な速度で正確に対応する能力です。

「バランス能力」
動作中の全身バランスや崩れた体勢を素早く回復する能力です。

「連結能力」
身体の関節や筋肉の動きをタイミングよく同調させる能力です。

「識別能力」
手や足、頭部の動きと視覚との関係、ボールなどの操作を精密に行う能力です。
これらの様な能力の向上が見込まれます。
重要なのは課題そのものの速さや強さではなく、その基礎となる身体の内部の連携です。
新しい技術の習得や技術の洗練を円滑にする基礎づくりなのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-31

    脊柱安定化機構における靭帯の存在

    脊柱は身体を支持する上で非常に重要ですが、各椎体を支持するために様々な靭帯が存在しています。…
  2. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  3. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  4. 2015-6-6

    炎症のメカニズムとは

    炎症とは、腫脹・熱発・発赤・疼痛に機能障害を加えた5つの徴候が起こる障害です。炎症が起こると…
  5. 2014-11-28

    エネルギー不足時の糖代謝

    エネルギー不足時には、肝臓でグリコーゲンを分解したり、筋肉から放出されるアミノ酸から糖新生をして、グ…
ページ上部へ戻る