行動を調整する能力を高めるコーディネーショントレーニング

コーディネーショントレーニングとは行動を調整する能力を高めようとするトレーニングであり、ジュニア期では身体と脳と神経系統のバランスのよい発達を促し、成人期では運動を円滑に行う能力を向上させ技術の習得や洗練の基礎となるトレーニングです。

スポーツのトレーニングには、体力の向上を目的とするトレーニングと専門技術・戦術の練習があります。
体力トレーニングでは筋力、スピード、持久力が重視されます。

体力の構成要素の中には、行動を「起こす」能力、「調整する」能力、「持続する」能力がありますが、行動を調整する能力の中にコーディネーション能力があります。

コーディネーション能力とは、状況を目や耳など五感で察知し、それを頭で判断し、筋肉を動かすといった一連の過程をスムーズに行う能力です。
これを行うと次のような能力が高められます。

「定位能力」
これは、周囲の状況と関連付けながら動きの変化を調整する能力です。

「変換能力」
これは、状況が変わったとき動作を素早く切り替える能力です。

「リズム能力」
耳や目からの情報を動きによって表現しイメージを現実化する能力です。

「反応能力」
合図を素早く察知し、適時に適切な速度で正確に対応する能力です。

「バランス能力」
動作中の全身バランスや崩れた体勢を素早く回復する能力です。

「連結能力」
身体の関節や筋肉の動きをタイミングよく同調させる能力です。

「識別能力」
手や足、頭部の動きと視覚との関係、ボールなどの操作を精密に行う能力です。
これらの様な能力の向上が見込まれます。
重要なのは課題そのものの速さや強さではなく、その基礎となる身体の内部の連携です。
新しい技術の習得や技術の洗練を円滑にする基礎づくりなのです。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-13

    糖化とはなにか

    からだにとって大切なエネルギー源である糖質ですが、必要以上にとり過ぎてしまうと、余った糖質(ぶどう糖…
  2. 2015-1-12

    Soft tissue mobilization(軟部組織モビライゼーション)

    人間のカラダには、骨や筋肉や内臓があり、それを皮膚が包んでいる。しかしながら、皮膚だけでは構造上…
  3. 2016-2-1

    足関節外側靭帯損傷

    足関節外側靭帯損傷は、スポーツ活動やトレーニング中の発生頻度が最も高いスポーツ傷害で、すべてのスポー…
  4. 2015-8-8

    随意運動と筋

    骨格筋は身体を支え、身体運動を起こす力源として機能しています。骨格筋は、中枢神経系で形成され…
  5. 2017-2-22

    重要性と原則に照らしてトレーニング種目を配列する

    トレーニングは最初に行った種目の効果が一番大きくなり、後に行った種目ほど効果が小さくなります。…
ページ上部へ戻る