歩行と腕振りの関係

人は歩くとき、意識的にも無意識的にも腕を振ります。

これは体幹が回旋運動に対して抵抗するのに役立っています。

この動きは、意識的に振られても、無意識的に振られても同じことです。

1950年代までは、歩行時の腕の振りは、他動的な振り子運動であるという説と積極的に筋活動を起こした結果であるという説がありました。

これらを検証した研究では、歩行時の腕の振りは、前方に20°、後方に9°で、前方から後方への振りでは、肩関節の伸筋および外転筋が活動し、後方から前方への振りでは肩関節屈筋には活動はありませんでした。

腕の前後方向への交互振りでは、三角筋中部および棘上筋が外転に役立っており、僧帽筋が肩の挙上に役立っています。

しかし、これらの筋群は持続的に活動しながらも、腕の振りが方向を変えるときには沈黙期が現れます。

腕を他動的に振った歩行では、運動域が30°以内で筋活動は三角筋後部だけであり、歩行時に観察される腕の振りは単なる他動運動によるものではないことが分かります。

腕を体幹に縛り付けても、広背筋や大円筋に歩行周期と相関した筋活動がみられたことから、腕を振ることの機能は、体幹の回旋に対する回転モーメントを生み出すことにあることが分かります。

そしてその運動は、中枢神経系に組み込まれた機能であるとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  5. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-4-6

    ウィルチェアラグビー

    皆さん、ウィルチェアラグビーはご存知ですか?https://www.youtube.com/…
  2. 2014-11-23

    水素水の効能って何?

    水素はこれまでに、潜函痛の発症予防に使われてきたことがあるが基本的には人体には無害で不活性なガスと考…
  3. 2015-11-29

    糖代謝と血糖調節機構

    生命の維持にはエネルギーの獲得が必要であり、糖質は生体にとってもっとも重要なエネルギー源になります。…
  4. 2015-9-29

    姿勢とは何か?

    姿勢(posture)とは何かと問われると、人それぞれさまざまな答えが返ってくるでしょう。人…
  5. 2014-9-27

    脳の細胞

    脳には、神経細胞(ニューロン)とグリア細胞があり、脳の活動の主役は神経細胞になります。グリア…
ページ上部へ戻る