歩行と腕振りの関係

人は歩くとき、意識的にも無意識的にも腕を振ります。

これは体幹が回旋運動に対して抵抗するのに役立っています。

この動きは、意識的に振られても、無意識的に振られても同じことです。

1950年代までは、歩行時の腕の振りは、他動的な振り子運動であるという説と積極的に筋活動を起こした結果であるという説がありました。

これらを検証した研究では、歩行時の腕の振りは、前方に20°、後方に9°で、前方から後方への振りでは、肩関節の伸筋および外転筋が活動し、後方から前方への振りでは肩関節屈筋には活動はありませんでした。

腕の前後方向への交互振りでは、三角筋中部および棘上筋が外転に役立っており、僧帽筋が肩の挙上に役立っています。

しかし、これらの筋群は持続的に活動しながらも、腕の振りが方向を変えるときには沈黙期が現れます。

腕を他動的に振った歩行では、運動域が30°以内で筋活動は三角筋後部だけであり、歩行時に観察される腕の振りは単なる他動運動によるものではないことが分かります。

腕を体幹に縛り付けても、広背筋や大円筋に歩行周期と相関した筋活動がみられたことから、腕を振ることの機能は、体幹の回旋に対する回転モーメントを生み出すことにあることが分かります。

そしてその運動は、中枢神経系に組み込まれた機能であるとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2016-6-20

    大腿骨はどのようにして脛骨上を動くのか

    屈曲・伸展時において大腿骨は、脛骨上を転がり、そして滑ることで、その動きを可能にしています。…
  4. 2016-4-25

    インスリンの過剰と代償機構

    インスリン過剰の結果みられる症状は、直接的であれ間接的であれ、すべて神経系に対する低血糖の効果の現れ…
  5. 2016-4-16

    骨格筋弾性タンパク質であるコネクチン

    現在知られているなかで最も大きなタンパク質であるといわれるコネクチンは横紋筋、すなわちコネクチン、す…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-12-17

    連続的持久力と間欠的持久力の乳酸代謝の違い

    長距離走のような一定の強度で長時間運動を継続するものを連続的持久運動といい、サッカーのようなダッシュ…
  2. 2015-3-11

    転倒とその原因

    転倒というと、ただ「転ぶ」だけでたいしたことではないと思われるでしょうが、不慮の事故による死亡者数に…
  3. 2016-2-27

    皮膚温度の変化の検出と温度受容器

    手でもった対象物の大きさや形、テクスチャーは触覚だけでなく視覚によっても感知することが可能ですが、温…
  4. 2017-3-2

    回転動作の作用・反作用

    カラダのある部分で1つの運動が生じると、それと反対方向の運動が起こって全体のバランスがとれるという現…
  5. 2014-10-9

    運動後には・・・チョコレートドリンク!?

    運動後の水分補給や栄養補給には何が効果的か。これに関しては、さまざまなところで議論が行な…
ページ上部へ戻る