歩行と腕振りの関係

人は歩くとき、意識的にも無意識的にも腕を振ります。

これは体幹が回旋運動に対して抵抗するのに役立っています。

この動きは、意識的に振られても、無意識的に振られても同じことです。

1950年代までは、歩行時の腕の振りは、他動的な振り子運動であるという説と積極的に筋活動を起こした結果であるという説がありました。

これらを検証した研究では、歩行時の腕の振りは、前方に20°、後方に9°で、前方から後方への振りでは、肩関節の伸筋および外転筋が活動し、後方から前方への振りでは肩関節屈筋には活動はありませんでした。

腕の前後方向への交互振りでは、三角筋中部および棘上筋が外転に役立っており、僧帽筋が肩の挙上に役立っています。

しかし、これらの筋群は持続的に活動しながらも、腕の振りが方向を変えるときには沈黙期が現れます。

腕を他動的に振った歩行では、運動域が30°以内で筋活動は三角筋後部だけであり、歩行時に観察される腕の振りは単なる他動運動によるものではないことが分かります。

腕を体幹に縛り付けても、広背筋や大円筋に歩行周期と相関した筋活動がみられたことから、腕を振ることの機能は、体幹の回旋に対する回転モーメントを生み出すことにあることが分かります。

そしてその運動は、中枢神経系に組み込まれた機能であるとされています。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…
  3. 2017-1-18

    筋力トレーニングの負荷設定について

    筋力トレーニングを行うに当たっては、目的を明確にし、その目的に応じたトレーニング条件を設定することが…
  4. 2016-12-1

    骨の連結

    骨の連結には骨と骨が線維性の結合組織によって結合される線維性の連結と、骨と骨が軟骨線維によって結合さ…
  5. 2016-9-6

    トレーニング効果の種類

    トレーニング刺激に対して身体を適応させていく過程がトレーニングであり、適応によって得られた変化がトレ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-7-31

    運動療法から考える骨格筋

    運動療法とは運動を行うことで身体の機能の回復や、症状の改善を目指す療法です。主な目的は疾病や…
  2. 2015-4-15

    間脳の解剖 後編

    トルコ鞍という蝶形骨と後頭骨が縫合してできた骨の土台には下垂体が位置します。下垂体は他のさま…
  3. 2014-10-24

    別腹ってホントにあるの?

    「別腹」って本当にあるのと思ったことありませんか?甘いものは「別腹」などと言われることがあり…
  4. 2015-8-4

    筋・筋膜痛について

    筋痛には、運動に伴う筋痛や、反射性筋収縮による筋痛、筋筋膜性疼痛症候群、線維性筋痛症候群、緊張による…
  5. 2015-11-25

    ラベンダーによるアロマテラピーについて

    アロマテラピーは芳香療法とも呼ばれ、1920年代にフランスの調香師ガットフォッセが作ったとされていま…
ページ上部へ戻る