ピリオダイゼーション

スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニングの内容を変えて行くことを「ピリオダイゼーション」と言います。

具体的には、トレーニングの期間を「準備期、移行期、試合期、回復期」の4つに分け各時期の目的に合わせてトレーニングの内容を考えていきます。

スポーツの技術練習や体力トレーニングを行った当初はトレーニングの効果が著しく出るが、徐々に同じ事をしても効果が小さくなってしまう「プラトー」と呼ばれる停滞期に入ってしまいます。

このプラトーを克服するためには、トレーニングで今までと違う刺激を与えることが必要になります。
そこで長期プランでトレーニングの内容を変化させるピリオダイゼーションを設定し、トレーニングの強度と量を増減させるのです。
また、トレーニングの種目やバリエーション、様式、動作スピード、インターバル、時間、負荷、使用器具、種目配列、習慣プログラムなどを変化させることも有効です。

最も典型的な年単位のモデルは、1年を準備期、第一移行期、試合期、第二移行期の4つの時期に分け各期の目的に応じて負荷刺激を変化させます。

全体的な傾向としては、試合期が近づくにつれて強度を増し、これに反比例するように量を減らしていきます。
移行期では、種目の特異性を考慮した専門的負荷の割合を増やし、回復期(第二移行期)では、強度と量ともに減らし回復を図ります。

スポーツ種目やアスリートの必要性に応じてピリオダイゼーションは多種多様になります。
また、競技レベルが高いほどより短いサイクルまで考慮したピリオダイゼーションが必要になってきます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-8-10

    小脳・脳幹・脊髄と随意運動

    小脳は大脳の後下方に位置します。水平方向に走る溝によって前葉、後葉、片葉小節葉に分けられ、垂…
  2. 2015-3-30

    意外と身近な「ペットボトル症候群」とは?

    季節的に暖かくなるにつれて水分摂取の量が増えていきますが、ジュースをよく飲む方にとっては注意すべきこ…
  3. 2017-3-26

    筋トレにおける呼吸の重要性

    筋トレにおける呼吸の重要性は血圧と酸素の供給という2つの側面から理解することが大切になります。…
  4. 2017-3-3

    回転スピードをコントロールして運動の効果を高める

    慣性モーメントが大きいを回しにくく、慣性モーメントが小さいと回しやすいということはフィギュアスケート…
  5. 2017-3-19

    ストレッチングによる柔軟性向上の短期および長期効果

    ストレッチングの効果に関して、システマティックレビューがいくつも行われており、短期的あるいは長期的な…
ページ上部へ戻る