ピリオダイゼーション

スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニングの内容を変えて行くことを「ピリオダイゼーション」と言います。

具体的には、トレーニングの期間を「準備期、移行期、試合期、回復期」の4つに分け各時期の目的に合わせてトレーニングの内容を考えていきます。

スポーツの技術練習や体力トレーニングを行った当初はトレーニングの効果が著しく出るが、徐々に同じ事をしても効果が小さくなってしまう「プラトー」と呼ばれる停滞期に入ってしまいます。

このプラトーを克服するためには、トレーニングで今までと違う刺激を与えることが必要になります。
そこで長期プランでトレーニングの内容を変化させるピリオダイゼーションを設定し、トレーニングの強度と量を増減させるのです。
また、トレーニングの種目やバリエーション、様式、動作スピード、インターバル、時間、負荷、使用器具、種目配列、習慣プログラムなどを変化させることも有効です。

最も典型的な年単位のモデルは、1年を準備期、第一移行期、試合期、第二移行期の4つの時期に分け各期の目的に応じて負荷刺激を変化させます。

全体的な傾向としては、試合期が近づくにつれて強度を増し、これに反比例するように量を減らしていきます。
移行期では、種目の特異性を考慮した専門的負荷の割合を増やし、回復期(第二移行期)では、強度と量ともに減らし回復を図ります。

スポーツ種目やアスリートの必要性に応じてピリオダイゼーションは多種多様になります。
また、競技レベルが高いほどより短いサイクルまで考慮したピリオダイゼーションが必要になってきます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  2. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  3. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…
  4. 2017-6-24

    筋肥大とパフォーマンスのジレンマ

    アスリートの肉体改造は、高いパフォーマンス性を生み出しますが、時として「あれは失敗だった」と言われる…
  5. 2017-6-15

    腋窩陥凹はハンモックのように

    肩甲上腕関節の関節包靱帯は複雑なコラーゲン線維の交わりあった束から構成され、それぞれ上・中・下の3つ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-12-16

    筋膜について考える。

    筋膜とは、全身の筋のほか、骨や心臓、脳などの臓器をすべて包み込んでいる膜のことで、全身をくまなく覆っ…
  2. 2015-2-4

    トレーニングの方法

    トレーニングの方法にはいくつか種類がありますが、それぞれにはそれぞれの良さがあり、どれも特徴が違いま…
  3. 2017-2-23

    慢性疲労が起こすオーバートレーニング症候群

    スポーツやトレーニングを行って出た生理的疲労が、十分な回復をすることなく積み重なってその結果として慢…
  4. 2015-4-24

    幼少期の筋量と骨の発達

    先日、イギリスの研究チームが「子どもの筋量が多いことが、健康な骨の発育に強く関連すること」を発表した…
  5. 2017-2-19

    ワンランク上の効果を引き出すセット法

    筋力トレーニングで大切なのは継続することです。継続の壁は「マンネリ」や筋力トレーニングの「効…
ページ上部へ戻る