ピリオダイゼーション

スポーツ選手が1年のうちで最も重要な試合に自分のコンディションがピークの状態で望むためにトレーニングの内容を変えて行くことを「ピリオダイゼーション」と言います。

具体的には、トレーニングの期間を「準備期、移行期、試合期、回復期」の4つに分け各時期の目的に合わせてトレーニングの内容を考えていきます。

スポーツの技術練習や体力トレーニングを行った当初はトレーニングの効果が著しく出るが、徐々に同じ事をしても効果が小さくなってしまう「プラトー」と呼ばれる停滞期に入ってしまいます。

このプラトーを克服するためには、トレーニングで今までと違う刺激を与えることが必要になります。
そこで長期プランでトレーニングの内容を変化させるピリオダイゼーションを設定し、トレーニングの強度と量を増減させるのです。
また、トレーニングの種目やバリエーション、様式、動作スピード、インターバル、時間、負荷、使用器具、種目配列、習慣プログラムなどを変化させることも有効です。

最も典型的な年単位のモデルは、1年を準備期、第一移行期、試合期、第二移行期の4つの時期に分け各期の目的に応じて負荷刺激を変化させます。

全体的な傾向としては、試合期が近づくにつれて強度を増し、これに反比例するように量を減らしていきます。
移行期では、種目の特異性を考慮した専門的負荷の割合を増やし、回復期(第二移行期)では、強度と量ともに減らし回復を図ります。

スポーツ種目やアスリートの必要性に応じてピリオダイゼーションは多種多様になります。
また、競技レベルが高いほどより短いサイクルまで考慮したピリオダイゼーションが必要になってきます。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2015-2-24

    セカンドインパクトシンドロームを防ぐ

    脳震盪というのはサッカーやアメフトなどの接触プレーの多いコンタクトスポーツで起こりやすい疾患で、頭部…
  2. 2015-5-26

    細胞レベルでみる肥満

    ヒトは約60兆個の細胞から構成されていますが、脂肪細胞の数は約300億個と推定されています。…
  3. 2015-7-17

    細胞膜の流動モザイクモデル

    細胞膜は親水性の頭と疎水性の尾からなる両親媒性のリン脂質の二重層からなっています。その両親媒…
  4. 2014-10-1

    日本人の敵「腰痛」

    日本人がもっとも多く訴える自覚症状は腰痛だといわれています。一説によると、一生のうちに一度で…
  5. 2015-7-14

    野生動物から考えるヒトの運動と栄養と休養

    野生の動物は、生命維持に必要なエネルギーを獲得するため、狩りという運動を行い、その結果、食事にありつ…
ページ上部へ戻る