足底腱膜炎とは

足底腱膜炎の原因は、通常は踵骨内側結節部における進行性のコラーゲン変性です。

この障害は、あらゆるスポーツで生じますが、特にランニング動作を伴う種目に頻発します。

また、ダンサーや体操選手の発生率も高いとされています。

通常は、オーバーユース障害として発症し、回内傾向がある足では、足底腱膜が短縮しているため、限度を超えた伸張で障害されやすく、炎症も悪化しやすいと言われています。

足底腱膜炎は、下腿三頭筋の拘縮と関連性が認められる場合があり、また凹足と関連していることも多いとされています。

最も大きくみられるのは、踵骨内側結節を足底より押した際の圧痛です。

この圧痛は、腱膜の中足骨頭への付着部まで足底全体に広がっていることもあります。

起床後の最初の数歩や走り始め5〜10分の痛みも、代表的な症状です。

この痛みは、スポーツ活動中には軽快しますが、しばらく休むとまた増悪します。

また裸足歩行では痛みが強くなります。

足底腱膜炎は自然治癒傾向があるために、管理が難しいとされます。

急性期のリハビリの焦点は疼痛管理です。

この時点の典型的な対処法は、アイスマッサージなどのマッサージ、NSAIDs投与などがあります。

次の段階では足底腱膜のストレス軽減が焦点となります。

腓腹筋とヒラメ筋は踵骨の中枢側に付着しており、足底腱膜の踵骨付着部の緊張を高めるため、これらの筋のストレッチは特に重要です。

この際、特に回内足の場合、足底腱膜自体を伸張してしまわないように気をつける必要があります。

足底内側を楔のようにタオルなどを挟むことで、足部を回外位にしながらストレッチを行います。

回外足の場合、深部摩擦マッサージや足趾の受動背屈によって足底腱膜のストレッチを行います。

他の病態と同様、最終的には荷重下での運動が最終段階の焦点となります。

内側アーチを保持する足外筋のトレーニングや中足部の弛緩がある場合は足底板を用いる必要があります。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  2. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  3. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  4. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…
  5. 2017-7-6

    鼠径部痛と内転筋損傷と恥骨炎

    鼠径部痛はスポーツ選手がよく訴える痛みの1つです。これらの痛みを訴える選手は、内転筋群の過緊…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2017-2-25

    対空時間と接地時間がバネの大きさを決める

    素晴らしいジャンプをするバレーボール選手や、一瞬のダイナミックな動きをするスポーツ選手について、あの…
  2. 2015-8-2

    活性酸素と筋ミトコンドリア

    運動により、身体の酸素消費量は10〜40倍に、骨格筋では100〜200倍に増加すると言われ、一過性の…
  3. 2014-12-24

    筋力トレーニングのタイミング

    今日はトレーニングの順番と効果についてです。① 【有酸素性運動後の筋肉トレーニング】…
  4. 2016-2-8

    女子サッカー選手における女性特有のコンディション

    女子サッカー選手に限らず男性との性差、つまり女性特有のコンディションを理解して選手の健康管理を行うこ…
  5. 2017-2-20

    呼吸や腹圧を高める上で欠かせない腹横筋

    腹横筋は腹部の筋肉の中でもっとも深層部にある筋肉で、背中からお腹にかけてコルセットを巻くように横に覆…
ページ上部へ戻る