横隔膜の機能が低下する理由

普段何気なく行う呼吸ですが、この呼吸においてメインとなって働くのが横隔膜です。

肺は自分で収縮できません。
横隔膜が収縮と弛緩を繰り返すことにより身体は酸素と二酸化炭素の交換を円滑にしてくれているのです。

また、呼吸はパフォーマンスとも密接に関係しており、正しい呼吸が試合での平常心をつくりだしてくれたり、正しい呼吸が正しい姿勢をつくりだしてくれます。

だた、この横隔膜をしっかり働かせて行う正しい呼吸を出来なくなっている人が増えています。
では、なぜ正しい呼吸が出来なくなってしまったのか考えていきましょう。


横隔膜の働きを低下させる3つの理由


1つ目は、横隔膜の筋力低下です。
私たちの身体は使わなければ衰えます。
また、どこか一箇所が過剰に働くことで本来働くべき場所が休んだりします。

腹式呼吸ではなく、胸式呼吸で胸や首周りの副呼吸筋ばかりをつかっていたら、本来の横隔膜をつかう呼吸を忘れてしまうのです。
2つ目は、横隔膜の過緊張です。
心の緊張やストレスなどで、横隔膜がリラックスせずに筋組織の緊張が続けば空気をしっかり吐き出すことができなくなります。
しっかり吐き出すことが出来なくなれば、次に息を吸うのが難しくなり呼吸が浅くなります。

横隔膜の緊張が続く要因はたくさんありますが、肋骨が前に飛び出た状態、肋骨が広がった状態で固定されている人が多いです。
この姿勢では、息を吐こうと横隔膜を緩めることが出来なくなり、肺に空気はたくさんあるけど吐ききれないということが起こるのです。
そこで、息を吸うために首肩周辺の副呼吸筋を使い、姿勢も悪くなってしまったり、肩こりを引き起こしてしまいます。
3つ目は、運動不足です。
大人になり運動量が低下すると、横隔膜が頑張って動くことが少なくなります。
呼吸筋が衰えて呼吸が浅くなっていくのです。
また、横隔膜が使えないと身体の安定性を低下させてしまいます。
運動不足によって筋肉が衰えるだけでなく横隔膜も衰えてしまうのです。

横隔膜をつかった正しい呼吸が出来ないと身体に不調をきたしてしまいます。
改めて呼吸を見直しましょう。

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2017-9-22

    リュックサックによる腰椎への圧縮軽減

    リュックサックはバッグとしての優れた役割もさることながら、腰椎への負荷軽減ギアとしても効果を発揮しま…
  2. 2017-9-5

    筋線維の形態的特徴について

    筋の形態は、張力発生能力、可動域、短縮速度に著しい影響を及ぼします。機能に影響を及ぼす形態的…
  3. 2017-8-11

    アフォーダンスとカノニカルニューロン

    随意的な動作は、中枢で生じた運動の意図が顕在化したものであり、「目的」はそれを達成するための筋道を決…
  4. 2017-7-19

    筋の拮抗的・共同的中和

    運動を円滑に遂行するために骨格筋はそれぞれ主動作筋、共同筋、拮抗筋と役割を持ちます。一般には…
  5. 2017-7-18

    クレンチング(食いしばり)と運動の関係

    クレンチングとは、無意識的に上下の歯を強く噛みしめる動作をいいます。習慣化されたものはブラキ…

FACEBOOKもチェック!

注目TOPIC

  1. 2016-5-11

    筋線維の壊死と再生

    筋線維の壊死は、細胞膜の破壊から始まります。このとき、細胞膜を裏打ちしているジストロフィンと…
  2. 2015-6-5

    腰椎分離症とは…

    背骨は、S字状の構造を持っていて上半身の重さと、着地した時の地面からの衝撃を分散…
  3. 2016-12-13

    競技力アップのための「専門スキル」

    いかにダイナミックな競技動作の中で、パワーを上手に発揮するのかという点についてのポイントは「反動をつ…
  4. 2015-1-31

    違和感を考える。

    身体を動かす際に、痛くはないけれど普通ではない状態のときなどに感じる『違和感』。この『違…
  5. 2017-1-25

    メカニカルストレス

    メカニカルストレスとは、「力学的ストレス」のことで、何かを持ち上げたり引っ張ったりするときに筋肉や腱…
ページ上部へ戻る